自分で育てている果物の作業記録を整理。
鉢植えをメインに果物を育てています。
各品種の特徴や、剪定方法をまとめました。
不精な私に便利な「自動水やり機」の紹介もしています。
   

ぶどうの栽培記録

2019年10月01日
巨峰の残りを収穫

歯の治療に気を取られ、収穫が遅れた為少し水分が抜けたようです。

キズがひどい実は処分しましたが、少し傷がついたものは小皿に入れてすぐ食べてみました。結構甘くて満足です。

2019年08月23日
巨峰の一部を収穫

風でネット上に落ちた実や、まばらにしか実がついていない房を収穫してみた。

味はまあまあででしたが、残りは去年と同様9月に入ってから収穫しようと思っています

2019年07月25日
裏庭にぶどう棚用の植木升を作製開始

やっと夏らしく暑くなりましたが、外での作業は無茶苦茶しんどい。

今日は植木升のまわりの花壇用ブロックを倒れないように5cmぐらい掘って固定しました。水平器を使って真面目に高さを合わせましたので思った以上に時間がかかりました。

出来上がりと同時に大粒の夕立が降り出したのでギリギリ助かりました。西空は青く晴れて太陽も照りつけているのに・・・。

ミカンの植木升の左に作製。寸法や材料などは ➡

2019年07月23日
ブドウに袋かけと、棚の下に鳥除けネットを取り付け

そろそろ色付き始めたのでカタログの紙を使って袋にして被せました。暑さで蒸れると困るので下側は閉じていません。害虫から実を守るためには下は閉じた方が良いかもしれません・・・。

去年は鳥除けネット越しに実を突ついたり、実を引っ張り出そうとして茎を折ったりされたので、ネット近くの房が外から見えづらいように不織布を使って目隠しをしました。


先日、外周にネットを張りましたが、上部と下部が開いているので今日ネットを張りました。

下部には側面と同じネットを張りました。これで台風で実を落とされてもネットで受けるので大丈夫です。


ぶどう棚の上部の隙間は枝が多くネットを張りづらいので、不織布を使って部分的にふさぎました。

2019年07月12日
ブドウ棚の外周に鳥除けネットを取り付け

2017年7月の二の舞にならないように、今年は早めに鳥よけのネットを外周に張りました。外側の面は常時ネットを張っているので、今日は両横と手前の通路側の面に張りました。両横と手前のネットは収穫が終わったら外します。

上部はブドウの葉が茂っているので、大きな隙間の部分にネットを張るか、釣り糸を張って防ぐ予定。

下部もオープンになっているのでネットを張る予定にしています。釣り糸を張るつもりでしたが、台風の時実が落ちた経験から、ネットがあればきれいな状態で回収できます。

画像の右下、ネットの右端に見えるのが今年も実がたくさんなっているみかんの「興津早生」です。ブドウが終わったらこのみかんにもネットを張らないと鳥の餌食になります。

2019年07月08日
巨峰の実にサビのようなものが入った

午前中が雨で午後2時ごろに2回目のジベレリン処理を行ったので、水滴の乾燥が遅くなり水滴が残った影響で、サビ果が発生したようです。

原因はもう一つ考えられます。今まで花穂の花冠取り作業を行ったことが無く、これも大きな原因になるようです。

房により度合いは異なりますが、20房の内10房位にサビのようなものがあります。

下の画像は影響の大きかった粒を取り除いた後ですが、この房はほぼ全滅状態です。

影響の少ない房もあります。

2019年06月10日
2回目のジベレリン処理と少し剪定実施

花ぶるいのため、実がまばらになった房が目立つ。枝の勢いが強いため実に栄養が行き届かないようだ。画像は少し見づらいがまばらになった房。

今回は、巨峰の房の次の葉から数えて7~8枚目の葉の付け根の節の上でカット。脇芽は葉1枚にカット。

シャインマスカットの場合は、4~5枚目の葉の付け根の節の上でカットし、脇芽は葉1枚にカットという説明もありました。

剪定した後、巨峰の2回目のジベレリン処理を実施しましたが、朝から雨が降ったので午後2時ごろに実施しました。

今日が開花から13~15日位になるため実施しました。仕事の都合で今まで実施できませんでした。

本来であれば天気の良い日の朝10時頃に実施し、出来るだけ早く溶液が乾燥するようにした方が良いようです。今回の実施後は曇り空なので乾燥も遅く影響が大きいかもしれません。

長い時間溶液を吸収すると、表面にサビのようなものが発生し皮が固くなるようです。

2019年05月29日
巨峰の花穂の整形と、1回目のジベレリン処理実施

今年花穂が付いているのは巨峰のみで、ピオーネ、シャインマスカット、デラウェアには花穂が付いていません。

ピオーネについては植え替え後で木にあまり負担をかけないようにと思って、小さな花穂を摘み取っています。

28日は1日中雨で何もすることが無かったので、とりあえず植木を見ていると、なんと巨峰が満開になっていました。

今日慌てて花穂の整形をまず実施。

15~20cmぐらいある花穂の肩の部分(枝に近いほう)を間引いて房の長さを先端部分4~5cmになるようにしました。

上手く実が大きくなってくれないものがあるので、色々な解説書より少し多めに残しました。

花穂の整形が終わってから、1回目のジベレリン処理を実施。

天気の良い日は、1回目のジベレリン処理を午後3時過ぎに実施し、溶液があまり早く乾燥しないようにした方がいいらしいです。房に付いた溶液も払い落さないように注意します。

昨日は雨で、今日は曇りがちな天気なので午前中にジベレリン処理を実施しました。


5月13日にナイロン釣り糸で誘引してみましたが、うまく釣り糸に沿って伸びています。

側面だけで育てるより、天井方向も使った方が葉が広がり重ならないので、年末の剪定時には、しっかりした誘引方法を考える予定です。

蔓はすべて巨峰です。横に植えているピオーネは植え替えが多く根があまり張っていないようです。

2019年05月13日
カラス対策のネットを上部にまで延長

2018年06月26日にカラス対策の為ネットを側面に張り、実が熟れる前に全体をネットで覆っていました。

今年は上部にもネットを張り、対策を万全に。

実が熟れてきたら、包むように下と内側にもネットを張ります。

上の画像でもわかりますが、下の画像のように、枝を誘引するために釣り糸を使ってみました。

釣り糸をピーンと張り、この釣り糸にくるくると絡みつかせるようにしてやると何とかなりそうです。今回は手持ちの6号のナイロン釣り糸を使って見ました。

2019年04月26日
今年も花房がつきだした。挿し木に新芽も

新芽が伸びてきたので観察していると、花房が付きだしていました。巨峰とピオーネは同じぐらいの大きさです。

デラウェアの花房はまだゴマ粒ぐらいでした。

去年の2月に苗木を買ってきた「シャインマスカット」の新芽は元気ですが、花房はついていません。

去年「シャインマスカット」を植え替えた時に剪定した枝を2本、何も植えていない直径が50cmぐらいある大きな植木鉢にただ差し込んでおいたら、小さな新芽が出ていました。(手抜きの挿し木なので結果はダメでした)

2019年04月11日 やっと新芽が出てきた

やっと新芽が出てきた。どれも同じような感じだが、デラウェアが少し遅いようだ。

左が「巨峰」、右が「ピオーネ」

  


左が「シャインマスカット」、右が「デラウェア」

  

2018年10月09日 デラウェアの結果 と ブドウの植え替え

今年収穫したデラウェアは5房ですが、種無しになっておらず、小粒で味も薄く残念な出来でした。

デラウェアの種無しは難しいので、玄関脇の植木升から植木鉢に変更しました。

今年は05月15日に1回目のジベレリン処理を実施、06月05日に2回目のジベレリン処理を行ったが種無しにはならず、1回目の実施日を決めるのが難しい。

色々とWebを検索してみるが、簡単な葉っぱの数で実施日を判断すると遅すぎる場合が多い。

このデラウェアも巨峰と同じ2008年に購入後植え替えが多かったため、あまり大きくなっていない。


台風で半分壊されたブドウの棚を修理し、以前より少し強度を増した。

巨峰は2008年に購入後、2012年春に玄関脇に植替えた後順調に育っている。

ピオーネは2012年に購入後、数回植え替えをしているので育ちが少し悪い。

シャインマスカットは今年の春購入した苗木で、鉢植えで育てていました。

巨峰は順調なので場所の移動はせず、ピオーネをデラウェアが植わっていた場所に移動。

みかんを植えている場所が一番条件が良く、実を順調につけているので、その隣にシャインマスカットを植えてみた。

左の画像の右奥がみかんで、手前に順次シャインマスカット、巨峰、ピオーネが植っています。

下の画像で配置がわかります。

画像を編集して、実際に植わっているのと同じような配置にしています。

木の太さを比較してみました。

左端はピオーネで幹は約3cm、中央は巨峰で幹は約5cm、右端はシャインマスカットで幹は約1.5cmぐらいです。

 

2018年09月04日 台風21号が直撃で、巨峰の房がダメージ

8月23日の台風20号の時は全く被害が無かったので油断していました。

昼過ぎに強風となり、窓からのぞくと駐車場の屋根の半分がはがされて道路に飛ばされていました。

応急処置をしようと外に出ると、何かにつかまらないと風に飛ばされてしまいそうな状況で、玄関から雨が吹き込んできました。

残りの屋根が飛ばないように慌ててロープで支柱に止めてきましたが、シャワーのような横殴りの雨の中ではうまく作業が出来ず仮止めのような状態で、まだパタパタとしています。

 

 


玄関横のブドウの棚を見ると、支柱が折れヤバそうでしたが、フェンスにもぶどう棚の一部を固定しているので飛んでいくことは無いと判断し取り敢えず今はそのままにしています。
ネットを張っているので風をまともに受けたと思われます。

 

しかし巨峰の実が半分ぐらい風の為落ちていました。

幸いなことにカラス対策のネットを張っていたので、ネットにひっかかり地面には落ちていない実もありました。

各房の実も半分か3分の1程しか残ってないので、全て収穫。

風の為、枝にこすれて実は傷だらけになっていましたので、きれいな実を選別しました。

傷がついたり、ネットの外に飛ばされて地面に落ちていた実も多く残念でした。


残った奇麗な実を計量すると、1,180gと前回よりも多いです。しかも粒が大きく、色の薄い実でも前回よりも甘さも増していました。

酸っぱみはほとんどなく、甘くておいしい実になっていましたが、約半数に種が1個ぐらい入っていました。

今年は今までと違うジベレリン錠剤を使用したためなのか、原因不明。でも味が良いので良しとした。


奇麗な実と、右側の少し傷が入った実に分けています。

 

2018年08月29日 シャインマスカットも順調

シャインマスカットも順調に育っていますが、先端が折れてしまいましたのでこれ以上伸びません。

台風で太い枝が折れないように止めています。

 

2018年08月23日 台風20号接近の前に、巨峰を半分収穫

20日に小さな房で完全に色づいていたものを収穫して味見していました。非常に甘く大満足の出来でした。

大きな房は色づきが遅いのでもう少し先になると思います。

しかし、奈良には今夜台風20号が通過する予報なので、色づきを見て5房を収穫。あと5房残っていますが台風の影響が心配です。
去年はカラスにほとんどとられたので、今年はまだましです。

今回も大きな房はまだ色付きが充分ではないので、小さいものから順に収穫してきました。

計量すると、5房で890gでした。
スーパーで売られているのは1房300~500g前後なので、今回の房はだいぶ小振りです。

画像の中の色づきの一番悪いものを味見してみましたが、酸っぱみは無く甘みも十分ありました。欲を言えばもう少しおいておくともっと甘くなると思いますが、台風で落とされるともったいないので収穫しました。

2018年08月01日 カラス対策のネット完成

6月にネットを片面に張りましたが、ブドウの実が色づいてきたので、残りの面も張り完成しました。

簡単にぶどうの手入れが出来るように、ネットのつなぎ目に洗濯バサミを使用しワンタッチで開きます。

巨峰の各房にはカタログの用紙で袋を作り被せておきました。

2018年06月26日
カラス対策でネットを片面に張りました

去年、巨峰の実をカラスに食い荒らされほぼ全滅状態となりショックでしたので、今年は早めにネットを張り対策を始めました。

今日は外側にネットを張りました。最終的には周りを囲む予定です。

門から玄関までの通路横に小さなぶどう棚を作っていますのでこれを包むように囲みます。

使用したネットは、以前犬や猫の侵入を防ぐために購入した 1.5cmのマス目で幅1mx長さ20mのロール巻きがまだ残っているので、これを使用しました。

まず長さを3mに2枚カットし、2枚をつなぎ合わせ 2mx3mのシートにしました。

長さ3m直径1cmの園芸パイプを、ネットの3mの辺に縫い差し固定。これを両端の縦のサンに固定しました。

2018年06月24日
巨峰の実が 順調に大きくなっています

巨峰の実は去年と同様大きくなりました。デラウェアも少しづつ大きくなっています。

今年はカラスにとられないように、きっちりとネットを張る予定です。

左から、シャインマスカット、デラウェア

 

巨峰

2018年06月05日
巨峰 と デラウェア に2回目のジベレリン処理を行った

巨峰の花穂は10~12cm位になり、満開から12日前後。

デラウェアの花穂は5cm位になり、満開から16日前後。

房が少ないので処理を行ってもジベレリン溶液はほとんど無くならない。同じ日に実施し溶液が無駄にならないようにしました。

まず、100ppm溶液を50cc作ってデラウェアの処理を行い、ほとんど減っていない溶液を4倍に薄め25ppm溶液を作って巨峰の処理を行いました。

デラウェアは房が小さいので、小さなコップの容器に房が漬かりましたが、巨峰の場合は大きな容器を使わないと、房が漬からないのでスプレーを使用しました。

左は巨峰、粒の大きさにバラツキがあり少し心配。右はデラウェア、今年は5mm前後の粒になり一安心。

2018年05月25日
巨峰に1回目のジベレリン処理(種無し)を行った

23日に巨峰の花穂の肩の部分(枝に近いほう)を間引いて房の長さを4cmぐらいにしておいた。

花穂の先端部分程花が咲いていなかったが、2日間で一気に咲いた。

今日は巨峰がほぼ満開になっていたので、夕方5時ごろから1回目のジベレリン処理(種無し)を実施。

次回実施する2回目のジベレリン処理は、6月4日~9日になります。

巨峰は大小合わせて10房にした。去年はカラスにやられてほぼ全滅に近い状態となったので、今年は房を減らしネットの外から突かれないように配置を考えてみた。

2018年05月21日 花がだいぶ咲きそろった

デラウェアは20日頃満開状態ですが、巨峰はバラツキがあり、花が開いてないものもある。

デラウェアの2回目のジベレリン処理は、5月30日~6月5日になります。

今年はピオーネを植え替えたので実は付いていません。

巨峰

デラウェア

2018年05月15日
デラウエアに1回目のジベレリン処理を行った

デラウエアの葉の数は少ないし、房も小さいが去年より少し早く1回目のジベレリン処理を行いました。

デラウェアは間引いて5房にしてみた。

2018年04月26日
ブドウに花房がついた。ベランダのシャインマスカットも順調

花房がついている。巨峰は3cmぐらい、デラウェアは1cmぐらいとまだかわいい。

 

ベランダのシャインマスカットも新芽を出し順調に育っている。

2018年02月28日
シャインマスカットを鉢植えに変更しベランダへ移動

雑草対策がメインで、庭全体にもっと砂利をまく予定。
植木鉢の移動が面倒なので、鉢植えの果物を7鉢、2階のベランダへ移動した

ついでに、ベランダの緑のカーテンも兼ね、先日購入したシャインマスカットの苗を、植木鉢に植替えベランダへ。
ベランダの一番端の室外機の上においてみた。

玄関横のブドウも、入り口から、ピオーネ、巨峰、デラウエアの順に植え付けた。

先日、シャインマスカットの苗を植木升に植えた時、ピオーネとデラウエアを移動したので、今回ついでに配置も変えた。

巨峰だけは同じ位置に植えているので、幹もかなり太くなっている。


2018年02月15日
シャインマスカットの苗を購入

以前から欲しかった シャインマスカットの苗を購入。1,580円。

近所に新規オープンした「ホームセンター コメリ パワー」で色々な種類の苗を販売しており、つい衝動買いしました。
クインニーナも欲しかったが植える所が無く今回は諦めました。

玄関横の小さな植木升に植えました。小さなスペースなので少し大きな植木鉢に植えたのと同じような感じだが、水やりの手間は半減。

一応買ってきたまま植え付けました。もう少し高さを低く剪定する予定です。

 

2017年09月13日
巨峰とデラウェアの残りを全て収穫

残りを全て収穫し、ダメな実を取り除いた後です。

デラウェアはネットを張った後で色づいたのでほとんど鳥の被害にはあいませんでした。

しかし今年のデラウェアは全て種有りとなっています。

 

2017年09月06日
房が残っている巨峰の一部と、デラウェアの一部を収穫

カラスに食い荒らされた巨峰の残りの房の一部と、デラウェアの一部を収穫。

巨峰はまだ完全に熟れてない房もあり、もう少し様子を見てみる。

デラウェアは今年初穫りなので、まず熟れ具合を確認するために収穫してみました。
味は標準的だが種無し処理が間に合わず、種有りとなってしまいました。

巨峰は、8月28日に収穫した時に比べ、酸味がかなりなくなり、甘みが増したようで結構おいしかった。

2017年08月28日
カラスに荒らされた巨峰の残りの半分と、ピオーネ3房を収穫

カラスに食い荒らされた巨峰の房には傷がついており、さらに引っ張りまわされているのでブドウの軸が折れて栄養が行かなくなって枯れかけた房もある。
カラスの野郎はよく熟れた美味しそうなものばかり食べ、皮だけ残している。

悪いところを間引き、これ以上置いておいても期待できない房は収穫して食べてみることにした。

うまく熟してくれるのを願って、木にはまだ半分ほど残している。

20cmのボールの8分目程度の収穫です。

まだ色付いていないものや、巨峰とピオーネが混ざっているので食べるまで味は分かりません。

食べてみるとまだ酸っぱみが残っていました。

しかし、去年は実割れしてほとんど全滅状態だったので、まだましかもしれない。

2017年08月14日
鳥よけのネットの上から、食い散らされてしまった
2017年07月21日
ブドウに鳥よけのネットをかぶせた

今後の対策

家の前の電線に鳥が止まってフンをして困ると電力会社に相談すると、電線の少し上に細い線を平行に張ってくれました。線が細いと止まることが出来ないようです。おかげで今はフンの被害がほとんど無くなりました。
これと同じ要領で、ぶどうの棚に釣り糸、又は細い針金を張ってみようと思います。
今年の秋の剪定時に、棚を組み替え対策をする予定です。
枝に止まれないようにネットを張り、棚に止まれないように釣り糸、又は細い針金を張れば万全と思います。

8月14日追記

今日の朝6時頃、犯人に偶然出くわした。大きな真っ黒いカラスが4羽。1羽と目が合い「コラァ~」と怒鳴ると慌てて飛び立ち少し離れた所の電線に止まってこちらを見ていました。

ネットを張ったにもかかわらず、カラスは大きなくちばしをネットの網目の中に突っ込み、ぶどうの房をくちばしで挟んで引っ張り出そうと振り回しているようです。
当然実もくちばしで突きまわっているので傷だらけになり、割れたり腐ったりしています。
この房の付け根部分は折れ曲がり、水分や栄養が供給されなくなり、傷のついていないぶどうの実もだめになっています。


8月11日追記

ネットの隙間から鳥が入り、一番大きな一番おいしそうな房まで食い荒らされて頭にきた。
来年は隙間を完全にふさいで、入れない構造にする必要があります。
さらに、ネットの外から房にくちばしが届かないようにする。


7月21日

ブドウが少しだけ色づいてきたと思ったら、鳥に食べられてしまいました。鳥は賢くて色が付いた実の中身だけ食べ皮は下に散らかしています。

最近、夜自宅に戻った時ブドウの木からバサバサと音がして鳥が飛び立っていくことが何度かありましたが、木にとまって休憩しているのかなと思っていました。実際はそうではなかったようです。

ホームセンターで網の目が1~2cmぐらいのネットを数年前に買ったのが余っていました。
幅が1mで20~30m巻いたものです。

玄関横の巨峰とデラウエアを並べて植えてある部分に巻き付けるように覆いかぶせました。

上は枠組みのサンに所々止め、下はスカートのように開いたままにしました。

賢い鳥が来た時には仕方ありません。(スカートはダメでした)

8/11追記・・・この房は鳥に食べられ無残な姿に

ネットの中のブドウはこれで安心だと思います。

8/11追記・・・この房は鳥に食べられ無残な姿に(スカートはダメでした)

ネットで覆いきれなく、はみ出したところは簡単に広告用紙をホッチキスで止めました。

2017年06月26日
ピオーネの葉っぱが大きなイモムシに食べられてしまった

駐車場の屋根の下に枝を這わせておいたピオーネの下に、丸いコロコロした黒いものが沢山落ちていたので何か調べていて分かった。

全長が6~7cmもある どでかいイモムシが4匹もいました。

先端の方の枝には葉っぱがほとんど無く、房が下がったあたりの葉っぱも半分以上食べられていました。

2017年06月23日 実がだいぶ大きくなってきました


巨峰とデラウェアの画像です。

巨峰の粒は 18~20mm、デラウェアの粒は 7~8mm。

巨峰には、粒がそろった房や、小さな粒が含まれたものなどバラツキがありますが、デラウェアの粒は結構そろっています。

 

2017年06月08日
「巨峰とデラウェア」の半分に2回目のジベレリン処理を実施


昨日梅雨入りしたので雨の合間を狙ってジベレリン処理を実施。

前回の1回目より房が大きくなっているので、ジベレリン処理に使う容器も大きくしないと房がつからなくなり少し慌てました。

前回同様目印を付けた半数にのみ実施しました。

2017年05月28日 半分の巨峰にジベレリン処理を実施


巨峰は8分咲~満開ですがほとんど満開だったのでジベレリン処理を実施。

去年の巨峰は実の皮が固く、ほとんど実割れしていたが原因不明でした。

ジベレリン処理が原因かどうかを確かめるため、半数の房にのみ処理を行った。

ジベレリン処理を行う房を間違わないように、デラウエアーと巨峰の幹に目印をつけ、この目印より下の枝の房のみジベレリン処理を実施。

2回目は、6月7~9日に実施予定。

今回、ピオーネにはジベレリン処理を行いませんでした。

画像は、5月30日に写したもの

巨峰

ピオーネは2016年暮れに、大きな植木鉢に植え替えて移動し、駐車場の屋根の下に枝を添わせています。

鉢の表面に猫がいたずらするのでレジャーマットをかぶせてみた。

2017年05月25日
なんと、デラウエアーが満開、巨峰は2分咲き程度


22日にデラウエアーにジベレリン処理をしたばかりなのに、今日見ると満開となっていました。

ジベレリン処理を行った房も、行っていない房も満開です。

今回もジベレリン処理の種なし効果が無さそうです。

しかし、2回目のジベレリン処理は6月5~9日に実施予定です。

巨峰は2分咲き程度。

下記の画像は、5月24日に撮影したもの。いずれもデラウエアー。

 

2017年05月22日
半分のデラウエアーにジベレリン処理を実施


2014年にはジベレリン処理が原因かどうかはっきりわからないが、ジベレリン処理をしたデラウエアーは花が咲いた後全ての房が枯れてしまった。2015年はジベレリン処理を中止したところ奇麗な実の収穫が出来た。

2014年に行ったジベレリン処理は少し時期が早すぎたと思ったので、今年は実施時期を遅らせてみた。
さらにジベレリン処理が原因かどうかを確かめるため、半数の房にのみ処理を行った。

巨峰も2016年には実割れがひどく、ほとんどまともな収穫が出来なかったので、今年は巨峰も半数の房にのみジベレリン処理を行う予定。

ジベレリン処理を行う房を間違わないように、デラウエアーと巨峰の幹に目印をつけ、この目印より下の枝の房のみジベレリン処理を実施。

ピオーネは植え替えを行いかなり剪定を行ったので今年は小さな実が5房ほどしかできていないので、ジベレリン処理は実施しない予定です。

2017年05月19日
ぶどうの 花穂の整形 と 摘房 を行いました


デラウエアーは1枝に2房、巨峰とピオーネは1枝に1房になるように摘房を行いました。
ただし、勢いの弱い枝は様子を見て調整。

デラウエアーは花穂の肩の部分(枝に近いほう)を間引いて整形。

巨峰は花穂の先端部分を1cmほどカットし、花穂の肩の部分(枝に近いほう)を間引いて整形。

ピオーネは花穂の先端部分をカットせずに、花穂の肩の部分(枝に近いほう)を間引いて整形。

2017年05月01日
今年は全てのブドウに、花房がたくさんついている


去年のように訳のわからない原因で実をだめにしないように、消毒をきちんとやってみようと思う。

2017年04月27日
巨峰・ピオーネ・デラウエアー全てに新芽が出て元気そう

3種類ともきれいな新芽が出てきました。

毎年実は付くが、何かがありきれいな状態で収穫できていませんので、今年は消毒の手抜きをせず管理してみようと思います。

赤い矢印のところがデラウエアーで手前が巨峰。

新たに駐車場の屋根の下にピオーネを移動したが、これにも新芽が出ています。

2016年09月02日
巨峰を3房収穫したが前回と同様実割れがひどい。


実割れがひどい3房を収穫した。色が薄い実のみ割れが無いが残ったのはわずか。

食べてみると、甘味はほどほどだがまだすっぱみが少し残っていました。

 

2016年08月23日
巨峰の実割れがひどい。色付いた1房を収穫してみた。


去年のピオーネの様に、巨峰の実割れが大量に発生。

原因はわかりませんが、まだ実が緑色の頃に表面に茶色のくすみが所々に出ていました。この部分の皮が硬く実が大きくなる時に皮が破れたように見えます。

雨が良く降った時にはもうすでに実割れを起こしていたので、原因は雨だけでは無いように思われます。

来年は消毒をしてもう少し大切に育ててみようと思います。

この房は、3個だけ綺麗な粒が有りました。それ以外は全て実割れで処分。

2016年06月29日
巨峰が無難に大きくなっています。今年は大小合わせて8房。


巨峰は順調に育っていますが、今年はピオーネとデラウエアはまったく実がついていません。代わりに枝はしっかり伸びています。粒の直径は平均20mm程度。

2016年06月08日
巨峰の2回目のジベレリン処理をした


巨峰の2回目のジベレリン処理をした。実もだいぶ大きくなっています。

2016年05月25日
巨峰の花が咲いたので、1回目のジベレリン(種無し)処理をした

23日頃から花が咲きはじめ、今日は全て咲いていたのでまず房の整形。
 

25ppmのジベレリン溶液を作り、ジベレリン処理をした。

今回から25mg/錠を使うので、錠剤を半分にカットし500ccの水に溶かして使用。錠剤はそんなに硬くないのでカッターナイフで簡単にカットできました。

今日は雨が降りそうな曇った空模様で気温も26度と低め。

以前ぶどう園のホームページを見たとき、曇りの日は水滴が残りジベレリン効果が部分的に強くなりすぎるので房を指ではじいて水滴が残らないようにする、という説明を見た記憶が有るので実施してみた。

去年と全く同じ日に実施。

2016年04月30日
巨峰だけ新芽が大きくなり、花房がたくさんついているが、他はダメ

ピオーネとデラウエアは枝の先が枯れており、地面から30~50cmのあたりからのみ新芽が出ているので、その先の枯れたような枝を全てカットした。元気な新しい枝を一本残し、その他の新芽の先端をつまんで成長を止めた。

巨峰は例年通り全体から新芽が出て、花房をつけています。弱々しいのは間引いて8房残した。

2016年04月19日
きれいな新芽、今年は少し遅い気がする

今年は少し遅いのか、巨峰には新芽が出ているが、ピオーネとデラウエアにはまだ新芽だ出ていない。


★上記より古い栽培記録は別ファイルとなっています。
  下記の更新履歴参照。

ぶどう の 更新履歴

2019/10/01
巨峰の残りを収穫
2019/08/23
巨峰の一部を収穫
2019/07/23
ブドウに袋をかぶせ、棚の下に鳥除けネットを取り付け
2019/07/12
ブドウ棚の外周に鳥除けネットを取り付け
2019/07/08
巨峰の実にサビのようなものが入った
2019/06/14
我が家の現状と今後の予定(剪定と誘引)を追加
2019/06/10
2回目のジベレリン処理と少し剪定実施
2019/05/29
巨峰の花穂の整形と、1回目のジベレリン処理実施
2019/05/13
カラス対策のネットを上部にまで延長
2019/04/26
今年も花房がつきだした。挿し木に新芽も
2019/04/11
やっと新芽が出てきた
2018/10/09
デラウェアの結果とブドウの植え替え
2018/09/04
台風が直撃で、巨峰の房がダメージ
2018/08/29
シャインマスカットも順調
2018/08/23
台風20号接近の前に、巨峰を半分収穫
2018/08/01
カラス対策用ネットを全面に張り完成
2018/06/26
カラス対策でネットを片面張りました
2018/06/24
巨峰の実が順調に大きくなっています
2018/06/05
巨峰 と デラウェア に2回目のジベレリン処理を行った
2018/05/25
巨峰に1回目のジベレリン処理(種無し)を行った
2018/05/21
花がだいぶ咲きそろった
2018/05/15
デラウエアに1回目のジベレリン処理(種無し)を行った
2018/04/26
ブドウに花房がついた。ベランダのシャインマスカットも順調 に伸びています
2018/02/28
シャインマスカットを鉢植えに変更し、2階のベランダへ移動
2018/02/15
シャインマスカットの苗を購入 、玄関脇の小さな植木升に植え付け
2017/09/13
巨峰とデラウェアの残りを全て収穫
2017/09/06
房が残っている巨峰の一部と、デラウェアの一部を収穫
2017/08/28
カラスに荒らされた巨峰の残りの半分と、ピオーネ3房を収穫
2017/08/14
鳥よけのネットの上から食い散らされてしまった
2017/07/21
ブドウに鳥よけのネットをかぶせた
2017/06/26
ピオーネの葉っぱが大きなイモムシに食べられてしまった
2017/06/23
実がだいぶ大きくなってきました
2017/06/08
「巨峰とデラウェア」の半分に2回目のジベレリン処理を実施
2017/05/28
半分の巨峰にジベレリン処理を実施
2017/05/25
なんと、デラウエアーが満開、巨峰は2分咲き程度
2017/05/22
半分のデラウエアーにジベレリン処理を実施
2017/05/19
ぶどうの 花穂の整形と摘房 を行いました
2017/05/01
今年は全てのブドウに、花房がたくさんついている
2017/04/27
巨峰・ピオーネ・デラウエアー全てに新芽が出て元気そう
2016/09/02
巨峰を3房収穫したが前回と同様実割れがひどい
2016/08/23
巨峰の実割れがひどい。色付いた1房を収穫してみた
2016/06/29
巨峰が無難に大きくなっています。今年は大小合わせて8房
2016/06/08
巨峰の2回目のジベレリン処理をした
2016/05/25
巨峰の花が咲いたので、1回目のジベレリン(種無し)処理をした
2016/04/30
巨峰だけ新芽が大きくなり、花房がたくさんついているが、他はダメ
2016/04/19
きれいな新芽、今年は少し遅い気がする。

ここから下は別ファイルとなります

2015/09/07
ピオーネの苗を購入してから4年弱で初収穫
2015/08/24
巨峰とデラウエアを収穫。ピオーネはまだ色付きが薄いので様子を見る。
2015/08/12
お盆のお供えに巨峰を1房収穫。熟れ具合を見るため他の房の実をつまみ食い
2015/08/05
袋をかぶせたぶどうの実がだいぶ色付いている
2015/07/13
今日の画像を追加
2015/06/08
ジベレリン粉末を紛失したので2回目のジベレリン処理無し
2015/05/25
巨峰とピオーネに花穂の整形と1回目のジベレリン処理を実施
2015/05/21
なんとデラウエアの半数が満開になっている
2015/04/30
あっという間に新芽が大きくなり、花房がたくさんついている
2015/04/17
きれいな新芽がたくさん出ている
2014/12/10
デラウエアを玄関横の花壇に植え替えた
2014/08/12
巨峰とピオーネに裂果が発生し全滅
2014/07/02
巨峰とピオーネに袋かけをした
2014/06/13
巨峰とピオーネに2回目のジベレリン処理
2014/06/02
デラウエアの葉が害虫にやられた
2014/05/29
巨峰の花穂の整形と1回目のジベレリン処理
2014/05/14
デラウエアのジベレリン処理と摘房と新梢の摘芯
2014/05/02
元気な新芽と花穂
2014/02/21
デラウエア植え替え
2013/08/21
巨峰を 8月13日と16日 に収穫
2013/06/24
巨峰に袋かけをした
2013/06/07
巨峰に2回目のジベレリン処理を行った
2013/05/30
巨峰に1回目のジベレリン処理を行った
2013/05/28
ぶどうの花が満開になった。花穂の整形も実施
2013/05/14
デラウエアに1回目のジベレリン処理を行った
2013/05/02
巨峰とデラウエアにつぼみがつきだした
2013/04/26
デラウエアの新芽が少ないので、古い枝をカットした
2013/04/15
今年も新芽が出てきた

ここから下は別ファイルとなります

2012/09/10
ぶどう「デラウエア」の収穫
2012/08/22
巨峰の収穫
2012/08/14
巨峰の試し取採りと 袋かけした画像追加
2012/06/11
巨峰に2回目のジベレリン処理 と 袋かぶせ を行った
2012/06/07
6日の夕方、デラウエアに2回目のジベレリン処理を行った。挿し木の現状も
2012/06/01
巨峰の花穂に1回目のジベレリン処理(種無し処理)を行った
2012/05/28
ぶどうの現況と、巨峰の花穂の整形
2012/05/24
デラウエアの花穂に1回目のジベレリン処理(種無し処理)を行った
2012/05/16
巨峰とデラウエアの花穂、「ピオーネ」の移動と挿し木の現状
2012/04/25
ぶどう「ピオーネ」の挿し木に新芽がついた。その他のぶどうも元気
2012/04/17
新芽が出てきた
2012/04/09
ピオーネを挿し木してみた
2011/12/19
ピオーネを直径45cmの鉢に植えた
2011/12/15
夏場にグリーンカーテンを作る為に窓の近くに地植えした
2011/12/09
雨の日ホームセンターでつい衝動買いしてしまった「ピオーネ」
2011/09/26
実をつけ過ぎたデラウエアを収穫
2011/07/06
たくさん実が付いている。巨峰でグリーンカーテンに挑戦。
2011/05/12
巨峰とデラウエアに小さなつぼみがついた
2010/11/16
デラウエアは葉が落ち、巨峰の葉は黄色く色づいている
2010/09/01
「デラウエア」収穫
2010/08/23
「デラウエア」の実が色づいたので試し採りしてみた
2010/08/21
「デラウエア」の実が色づいて美味しそう
2010/07/08
今日の画像
2010/06/17
今日の画像を追加
2010/05/11
今日の画像を追加 (ぶどうの小さなツボミ と 巨峰の種から発芽準備)
2010/04/19
今日の画像を追加
2010/03/15
巨峰を7号鉢から9号鉢に植え替えた
2009/06/09
今日の画像を追加
2009/05/13
ぶどうのメインにする蔓が 折れた・・・・・
2009/04/28
今日の画像を追加
2009/04/22
ついにデラウエアにも新芽が出た
2009/04/09
今日の画像を追加
2008/11/14
鉢植えを2階のベランダへ移動
2008/10/10
ぶどう巨峰を鉢植えに変更
2008/10/08
ぶどう「デラウェアー」の鉢植え
2008/07/23
ぶどう巨峰の地植え