パソコンの有効活用で、ホームページの作成を始めました。
自作パソコンや周辺機器、スマホに関する話題です。
root化 や 部品交換等の改造もメモしています。
使用している気に入ったアプリの紹介・・等々。
   

所有パソコン の 一覧

主な使用目的は、このホームページの編集、ドローン自動操縦ミッションの作成、画像や動画の編集、メディアプレーヤーなど。

ファイルサーバーとしても使用していましたが、NASを導入したので必要なくなりました。

使用パソコンがだんだん古くなりましたが、全てのパソコンを新品に入れ替えることができません。

私のような使用目的であれば最新の能力の高いパソコンは必要ないので、所有パソコンより少し新しい中古のノートパソコン等をオークションで手に入れ順次更新しています。

目的に合わせ、メモリやHDD/SSD等の内部構成を組み替えています。

  1. ノートパソコンMousePro MPro-NB670X-QD
    • メインで使用 ホームページ作成や画像の編集等
    • Core i7-4710MQ 2.5~3.5GHz メモリ10GB
    • 内臓デュアルドライブ SSD128GB + HDD1TB
  2. ノートパソコン東芝 dynabook R734/M
    • 2階のTV用メディアプレーヤー 兼 持ち出し用
    • Core i5-4310M 2.7~3.4GHz
    • mSATA SSD128GB、メモリ4GB
  3. ノートパソコン東芝 dynabook B552/H
    • 1階のTV用メディアプレーヤーとして使用
    • Core i3-3120M 2.50GHz
    • HDD100GB、メモリ4GB
  4. デスクトップパソコン自作機 ASRock B75M R2
    • サブで使用(動画編集&ブルーレイの読み書き)
    • Core i7-2600 3.4~3.8GHz メモリ8GB
    • 内臓デュアルドライブ SSD128GB + HDD500GB
  5. CPU の ベンチマークスコア一覧表
    (所有又は過去に使用したCPU)
  6. デバイス別 データ転送速度 一覧表
  7. その他のパソコン
    1. 女房用ノートパソコン(DELL Inspiron 14 3442)
      Core i3-4005U 1.7GHz メモリ4GB SSD250GB
    2. 息子用ノートパソコン(acer ASPIRE 5750 P5WE0)
      Core i3-2310M 2.1GHz メモリ4GB HDD320GB
    3. 予備ノートパソコン(東芝「PATX67HLPPKK」モニタ無し)
      Core 2 Duo 2.4GHz メモリ4GB USBメモリ起動
    4. 予備ノートパソコン(SONY VGN-FE50B) Linux使用
      Core Solo 1.66 GHz メモリ2GB USBメモリ起動
    5. 予備デスクトップパソコン(自作機 GIGABYTE GA-G31M
      CORE 2 DUO 2.33GHz メモリ4GB HDD500GB
    6. 予備スリムタワーパソコン(NEC MA20V/B
      Pentium4 2GHz メモリ1GB HDD120GB
    7. 昔初めて使った思い出パソコン(NEC パピコンPC-6001
       1981年にNECから発売

予備・パソコン NECスリムタワー

●予備として置いているが、使わないのでそろそろ処分か!!!

PC98-NXシリーズ MATEスリムタワー型パソコン MA20V/B という商品です。

実際に使用した時の消費電力は、本体のみの安定時 約60W
(モニターセットの場合約80W)。

休止状態の時の消費電力は、本体のみの場合 約2.7W
(モニターセットの場合約7W)。

爆熱で有名な インテル Pentium 4 2GHzプロセッサ を搭載しています。

現在は Windows7 をインストールして使用しています。

LANは 1000BASE-T なので、家庭内ネットワークでの動画再生にはまだ使えます。


2002年10月に発売された、かなり型遅れの商品です。

項目 仕様
CPU インテル(R) Pentium(R) 4プロセッサ
クロック周波数 2GHz
キャッシュメモリ 1次 12kμ命令実行トレース / 8KBデータ
2次 512KB
バスクロック システムバス 400MHz
メモリバス 266MHz
チップセット インテル(R) 845G Chipset
メインメモリ 標準容量 128MB(購入時)・・・(購入後 1GB に増設)
スロット数 DIMMスロット×2
最大容量 1GB
HDD   購入時の容量 40GB・・・(購入後に交換 120GB)
解像度・表示色 640×480ドット 最大1,677万色
800×600ドット 最大1,677万色
1,024×768ドット 最大1,677万色
1,280×1,024ドット 最大1,677万色
1,600×1,200ドット 最大1,677万色
サウンド機能 音源/サラウンド機能 PCM録音再生機能内蔵、ステレオ、量子化8ビット/16ビット
全二重対応(モノラル、量子化8ビット時)
サンプリングレート(8 - 48KHz)、
MIDI音源機能(ソフトウェアMIDI)
スピーカ モノラルスピーカ内蔵
DVDドライブ   手持ちの薄型DVDドライブと交換
フロッピー 3.5型フロッピーディスクドライブ(3モード対応)
スロット PCI 2スロット (ハーフ×2) [空きスロット2]
AGP 1スロット (ハーフ×1)
購入後、DVI出力のグラフィックボードを増設
 DeForce 2MX 32M DVI AGP4 Low Profile
インターフェイス USB 4 (本体前面×2、本体背面×2)
USB2.0対応
パラレル セントロニクス準拠 D-sub25ピン
シリアル RS-232C D-sub9ピン
ディスプレイ
(アナログ)
ミニD-sub15ピン
PS/2 ミニDIN6ピン×2
キーボード及びマウスを接続
LAN 1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T
サウンド関連
インターフェイス
ライン入力 ステレオミニジャック
ライン出力 ステレオミニジャック
マイク入力 モノラルミニジャック
ヘッドフォン出力 ステレオミニジャック
ベイ 内蔵3.5型ベイ:2スロット
(標準HDDで1スロット占有済) [空きスロット1]
消費電力 標準 約50W 実際に使用すると
(本体のみの安定時 約60W、モニターセットの場合約80W)
(休止状態の時は 約2.7W、モニターセットの場合約7W)
最大 約143W
外形寸法 本体(突起部除く) 88(W)×325(D)×345(H)mm
本体
(スタビライザ設置時)
218(W)×325(D)×345(H)mm
質量 本体 約7.6Kg

初めてのパソコンは「パピコン PC-6001」
1981年にNECから発売


ベストセラーだったPC-8001が欲しかったが、パソコンとはどんなものか良く知らなかったのでこれにした。


定価は89,800円と当時の物価からすると結構高かった。しかもオプションを色々買うと11万円ちょっとになったのを覚えている。


家庭のテレビにつないで使用するので画像は荒い。


BASICでプログラムを作成できるが、最初はフロッピーやHDDが無いのでテープレコーダーに記録するようになっていた。

テープレコーダーの信頼性が低く、1日かけて作ったプログラムが記録ミスでパーになったことが何度あったことか。

専用のFDD装置(フロッピー)が発売された時には、なんて便利なすごい装置だと感動し即購入。


色々なソフトがROMカートリッジで販売されていたが、このパソコンは少し中途半端な存在でした。

しかしこれのお陰でBASICが組めるようになり、現在でもBASICのお世話になっている。