OPPO A5 2020
Rakuten版 SIMフリー

2020年09月02日 自分用 購入

2020年08月28日 女房用 購入

  1. OPPO A5 2020(Rakuten版)の 特徴
  2. OPPO A5 2020 を 選んだ理由 (2020年8月末)
  3. OPPO A5 2020 の 購入費用 (楽天Mobile)
  4. 全キャリア への 対応確認
  5. OPPO A5 2020 の 規格仕様
  6. 役に立つ「便利ツール」を 使用可能です
  7. キーボードと入力方式の 設定を変更する方法
  8. ホーム画面の ウィジェットの配置を変更
  9. デュアルSIMで 楽天とUQmobile を併用する方法
  10. デュアルSIMで 楽天とY!mobile を併用する方法
    Y!mobile は nanoSIM n141 を使用
  11. 仕様の比較表
  12. Google Playに 家族で同じ アカウント を登録して使用
  13. 購入後、実際に使用した感想を順次追加(2020年9月~)

OPPO A5 2020(Rakuten版)の 特徴

OPPOホームページ や、色々なホームページを参考にしました

  1. 約6.5インチ HD+(1600×720ドット)の大画面ディスプレイ
  2. 縦横比20:9と非常に縦長で表示情報量が大きい
  3. 横幅75.6mmですが、iPhone 8 Plus(5.5インチ 78.1mm)やiPhone 11(6.1インチ 75.7mm)より狭い
  4. 大容量の5,000mAhバッテリーで電池持ちを実現
  5. DSDV(デュアル SIM デュアル VoLTE)でSIMを2枚刺しできる
  6. OTG対応 USB変換ケーブルを使うと、他の端末を充電できる「リバース充電」機能を利用できます
  7. 指紋認証も顔認証も反応や精度がよいと評価が高い
  8. アウトカメラには、4眼のカメラを搭載し、超広角レンズが面白そう
  9. インカメラは、1600万画素という超高画質
  10. 高性能オクタコアCPUや、高速メモリ「LPDDR4X」により、アプリの起動やウェブページの表示などすばやく快適な操作が可能です
  11. NFC が付いているので電子マネーの残高確認ができる
    (おサイフケータイは付いていない)
  12. マルチウィンドウという便利な機能があります
    マルチウィンドウとは、アプリを2つ同時に起動して使うことができる機能です
  13. 欠点として・・・
     防水機能が無い
     少し重い(約195g)
     画面解像度が低い 1600×720ドット

OPPO A5 2020 を選んだ理由
  1. Rakuten Mobile で キャンペーン期間中に Rakuten UN-LIMIT を契約すると、この機種の代金と同等のポイントが戻ってくるため無料と同じ
  2. NFC がついているので、WAONカード 等の残高確認が出来る
  3. ベンチマークのAnTuTuデータが 176,000
    女房のAndroid One X4 の 87,000より大きいので、性能がアップ、
    私のiPhone 6S の 197,000 と同程度か少し下ですが画面が大きい
  4. SIMフリースマホなので、Rakuten Mobile 以外の どこのキャリアでも使用できるので便利
    Y!mobile の VoLTE にも対応しているのを確認しました
  5. DSDVで楽天とY!mobileやUQmobileのシムを2個同時に利用できる
  6. 少しでも大きな画面の方が、メールやWeb閲覧が行いやすい
  7. OPPO A5 2020 と Android One X4 の画面の大きさを比べると1回りぐらい大きくなります(5.5インチ → 6.5インチ)
  8. OPPO A5 2020 と iPhone 6S の画面の大きさを比べると2回りぐらい大きくなります(4.7インチ → 6.5インチ)
  9. ホームページを表示した時の表示量もかなり違います
    (左が iPhone 6S、右が OPPO A5 2020)

OPPO A5 2020 の 規格仕様

OPPO A5 2020 は SIMフリースマホ として提供されていました。

OPPO A5 2020 の仕様は OPPOホームページより引用(2020年8月)

(2020年8月現在の仕様です)自分が気になる点を色分けしました。

端末名/型番
発売日
OPPO A5 2020(CPH1943)
SIMフリースマホ
2019年11月1日 発売モデル
OS 発売時 購入時は ColorOS 6.0
UIをOPPO独自にカスタマイズ
(Android 9 Pie がベースとなっている)

2020年9月
ColorOS 7.1 にアップデート実施
(Android 10)
ベンチマーク

Antutuスコア
Ver8使用
参考データ
総合 168,316
CPU 69,586
GPU 33,715
MEM 37,974
UX 26,724
ミドルレンジの成績です
カラー
液晶画面
解像度
HD+ / 1,600 × 720
縦横比 20:9
約6.5インチ / TFT
サンライトスクリーン+ブルーライトカット
幅x高さx厚み 約75.6 x 約163.6 x 約9.1 (mm)
重量 約195g
システムチップ
CPU:

GPU:
Qualcomm Snapdragon 665
オクタ(8)コアCPU
2.0GHzx4
1.8GHzx4

GPU : Adreno 615
システム
メモリー
4GB (RAM)
LPDDR4xデュアルチャネルメモリ
内部
記憶容量
64GB (ROM)
スロット トリプルカードスロット
nanoSIM+nanoSIM+microSD
SIM規格 SIM : nanoSIM x 2
DSDV(デュアル SIM デュアル VoLTE)
(VoLTE 2回線同時待ち受け対応)
SDカード
記憶容量
microSDXC
最大 256GB
メインカメラ

F値

動画の解像度
4台搭載
約1,200万画素 (カラー)(f/1.8)
+ 約800万画素 (超広角)(f/2.25)
+ 約200万画素 (ポートレート)(f/2.4)
+ 約200万画素 (モノクロ)(f/2.4)

動画は 4k/30fps
メインカメラ
ズーム
デジタルズーム(写真 / 動画)
最大 約10倍 / 10倍
メインカメラ
手振れ補正
(写真)非対応
(動画)対応
メインカメラ

その他
ISO(最大)9,000, 8,000
HDR 対応
LEDフラッシュ 対応
AIカメラ 対応
オートフォーカス 対応
エキスパート、パノラマ、ポートレート
タイムラプス動画、スローモーション動画
インカメラ
(フロント)

F値

動画の解像度
約1,600万画素

F値 f/2

動画は 1080P/720fps
インカメラ
(フロント)
手ぶれ補正
(写真)非対応
(動画)対応
インカメラ
(フロント)

その他
ズーム機能 無し
ISO(最大)2700
HDR 対応
AIカメラ 対応

LEDフラッシュ 非対応
オートフォーカス 非対応
コネクタ USB
Type-C / USB 2.0
外部
接続機器
リバース充電機能搭載
(ほかのデバイスへの充電も可能)

リバース充電機能には、OTGケーブルが必要です
通信方式

対応周波数

FDD-LTE(4G):1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28

TD-LTE(4G):38/39/40/41

W-CDMA(3G):1/2/4/5/6/8/19

GSM:850/900/1,800/1,900MHz

VoLTE
対応/非対応

Rakuten / docomo / au / SoftBank
対応   / 対応  / 対応 / 非対応

docomo系は、3G,4G,VoLTE全て利用可能

au系は、4G,VoLTE利用可能(IOT完了製品です)

下記はY!mobileで確認
Y!mobile の VoLTE には対応していました
Softbankも対応していると思われますが未確認

テザリング
機能
対応 (最大10台)
Wi-Fi 2.4/5GHz 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証
(指紋 / 顔)
指紋認証 ◯(登録は5本まで可能)
顔認証 ◯
搭載センサー ジャイロ/加速度/近接/光センサ/
磁気センサ/指紋認証
GPS、GLONASS、BeiDou、
Galileo、QZSS(みちびき)
その他機能 NFC 対応
FeliCa 非対応
防塵 (IP5X)
バッテリー
駆動時間
連続通話時間:33時間
連続待受時間:約450時間
バッテリー 5,000mAh
充電アダプタ 5V/2A出力
充電時間 約3時間(急速充電 非対応)
本体付属品 ACアダプター×1/ イヤフォン×1/
USBケーブル Type-C ×1/
クイックガイド×1/ 安全ガイド×1/
SIMカードスロット用ピン×1/

TPUソフトクリアケース×1 /
保護フィルム(貼付済み)×1

役に立つ「便利ツール」を使用可能です

セットすると便利な機能機能が色々あります。

スマホを持ち上げると画面がオンになったり、3本の指で画面をスライドしてスクリーンショットを撮るようにも設定出来ます。

画面オフの時にちょっとした操作をして画面をオンにしたり、カメラを起動したりも出来ます。

画面最下段のナビゲーションボタンを使用するか、否かの設定もできます


●便利ツールの設定は

  1. 「設定」の画面を開きます
  2. 下の方にある「便利ツール」をタップします
  3. 次に「ジェスチャーとモーション」をタップします
  4. 本体を持ち上げたら画面オン」の設定項目があります
  5. ジェスチャースクリーンショット」の設定項目があります
    3本の指で下にスワイプすると素早くスクリーンショットを撮ることができます
  6. スリープ時のジェスチャー」の設定項目があります
    この項目をタップしてさらに設定を進めます
    次の画面で「スリープ時のジェスチャー」をオンにします
    オンにすると設定できる項目が表示されます
    • ダブルタップして画面をオン」の右端をタップしてオンにします
      スリープ時に、画面上をダブルっタップすると画面がオンになります
    • Oの文字を描いてカメラを起動」の右端をタップしてオンにします
      スリープ時に、画面上にOの文字を描くと即カメラを起動できます


●画面の最下段に Android の ナビゲーションボタンを表示させる方法

ナビゲーションボタンは、青い丸の中の記号の部分です。
この記号を表示させるか、させないかを設定できます。
但し、画像のように線が細く薄いので少し見ずらい。

  1. 「設定」の画面を開きます
  2. 下の方にある「便利ツール」をタップします
  3. 次に「ナビゲーションボタン」をタップします
  4. ナビゲーションモードの項目で
    • まず、「仮想ボタン」を選択します
    • 「希望のキーレイアウトを選択」の項目が表示されるのでどちらかを選択
       三  □  ◁ 
       ◁  □  三

これ以外にも設定項目がありますので、必要に応じて設定します。

キーボードと入力方式の設定を変更する方法

検索やデータ入力の時に、使い慣れたキーボードと入力方式を使用するために、設定を変更しましたので、手順をメモしておきました。

私はパソコンと同じキー配置で、ローマ字入力を使っているので変更しました。


変更には、「設定」>「その他の設定」>「キーボードおよび入力方式」で行います

  1. 「デフォルトキーボード」を「日本語(日本)」にセット
  2. 「Simeji for OPPO」をタップし、「キーボード」をタップ
    • [あ]、[A]、[123]を順にタップし、キーボードのレイアウトを選択。
      [あ]の下の「たて」「よこ」は画面の縦向き・横向きの意味。
      各々選択後に最上段の左端の ← をタップして戻る
  3. 私は以上で下記のようなキーボードのレイアウトになりました
  4. しかし、希望のキー配置にならなかった時や、後日変更された時はキーボードの左上のキノコマークをタップすると下のようなメニュー画像が出るのでキーボードのマークをタップ
  5. 右下の「もっと見る」をタップし、使いたいキー配置のキーボードを選びます
  6. 手順の 2. と同じように、[あ]、[A]、[123]を順にタップし、キーボードのレイアウトを選択。
    [あ]の下の「たて」「よこ」は画面の縦向き・横向きの意味。
    各々選択後に最上段の左端の ← をタップして戻る

ホーム画面の ウィジェットの配置を変更

購入時ホーム画面上には、「時計」と「Search」のウィジェットが配置されています。

画面の上半分のスペースが大きいので、少し小さめのウィジェットに変更してみました。

ウィジェットの配置を変更する方法

  1. ホーム画面上を長押しします
  2. 画面の下に表示される「ウィジェット」をタップします
  3. 画面上の「ウィジェット」に枠線が表示されるので取り敢えず削除します
  4. ウィジェットの一覧が表示されるので、ホーム画面に配置したいウィジェットをタップします
  5. ウィジェットがホーム画面上に仮に配置されます
  6. ウィジェット上を長押しすると、枠線が表示され移動や大きさの調整ができます
  7. 今回はグーグル検索も追加してみました
  8. ホーム画面上をタップすると配置完了です
  9. 画面上部のスペースを少し小さくできました

デュアルSIM で 楽天とUQmobile を 併用する方法

OPPO A5 2020 は SIMフリースマホ として提供され、DSDV(デュアル SIM デュアル VoLTE)に対応しているので、VoLTE 2回線同時待ち受けに対応しています。

SIM用フォルダには下記のように、計3枚セットできます。

左から、microSD、UQ mobileの nanoSIM、Rakuten の nanoSIM


●楽天 と UQmobile を使用(2021年2月26日から開始)

  • SIM1に、楽天モバイルの nanoSIM をセット
  • SIM2に、UQmobileの nanoSIM をセット

SIMを2枚セットすると、スマホのロック画面の上端が下側の画像のようにRakuten の横に KDDI の表示が加わり、右端のアンテナが増えます


Rakuten の電波状況が安定しないので、UQmobile を優先で使用するようにスマホを設定。


OPPO A5 2020 の「設定」の「SIMカードおよびモバイルデータ」項目の

  • 「通話」を SIM2(UQmobile) にセット
    直接発信するといずれも有料となるが、いざという時に圏外で使用できないと困るのでUQmobileを優先させた
  • 「モバイルデータ」を SIM2(UQmobile) にセット
    UQmobileでも残りのデータ容量を繰り越しできるので、私の使用量では問題なく、こちらも安定通信を優先させた
  • 楽天が圏外でも WiFiがあればRakuten Link アプリで無料通話の使用ができます


●UQmobile を使用する為のAPN設定方法は、別のページで解説しておきました


●電波状態の良い場所で通信強度を調べた時の測定画面です


●デュアルSIM で 楽天 Link を 併用した時の欠点

  • Rakuten Link アプリ で通話中に、UQmobile の番号に電話がかかり呼び出しが始まると、Rakuten Link の通話が切れてしまいました
  • Rakuten Link アプリ で通話中に、楽天モバイル の番号に電話がかかってくると、楽天モバイル の相手は話し中又は留守電になり、Rakuten Link はそのまま通話ができます


●2021年2月26日現在も、楽天の電波が弱く自宅では圏外となっています

2020年に楽天のアンテナが建設されたため「パートナー回線」が終了したのが原因です。


SIM1の楽天の信号が無くなった環境の画像を参考に残しました。

下記の画像のように、楽天の信号が無くてもWiFiに繋がっている時は、Rakuten Link アプリで無料通話が出来ました。(送信・受信共に)
但し、一度楽天の認証が終わっている必要があります。

デュアルSIM で 楽天とY!mobile を 併用する方法

OPPO A5 2020 は SIMフリースマホ として提供され、DSDV(デュアル SIM デュアル VoLTE)に対応しているので、VoLTE 2回線同時待ち受けに対応しています。

SIM用フォルダには下記のように、計3枚セットできます。

左から、microSD、Y!mobileの nanoSIM、Rakuten の nanoSIM


●楽天 と Y!mobile を使用(2020年9月3日~2021年2月26日まで)

  • SIM1に、楽天モバイルの nanoSIM をセット
  • SIM2に、Y!mobileの nanoSIM n141 をセット

SIMを2枚セットすると、スマホのロック画面の上端が下側の画像のようにRakuten の横に Y!mobile の表示が加わり、右端のアンテナが増えます


Y!mobile の 10分以内の通話無料と、3GBまでデータ通信無料を使用するようにスマホを設定。


OPPO A5 2020 の「設定」の「SIMカードおよびモバイルデータ」項目の

  • 「通話」を SIM2(Y!mobile) にセット
    楽天で電話帳等から直接発信すると有料となるため、安全の為Y!mobile の 10分以内の通話無料から発信するようにしました
  • 「モバイルデータ」を SIM2(Y!mobile) にセット
    Y!mobileの MMS を受信したいため
  • 楽天が圏外でも WiFiがあればRakuten Link アプリで無料通話の使用ができます
    但し、一度楽天の認証が終わっている必要があります


●Y!mobile の nanoSIM n141 を使用したデュアルSIM の 具体的な設定方法 は、別のページで解説しておきました


●2020年10月29日現在、私の住んでいる居住地に楽天のアンテナが建設されたため「パートナー回線」が終了。
しかし、楽天の電波が弱く自宅では圏外となり、SIM1の楽天の信号が無くなった時の画像を参考に残しました。

Google Playに 家族で同じ アカウント を登録して使用

Google Playに 家族で同じ アカウント を登録して使用する理由は、家族の複数台の Android端末で有料のアプリを共有できるメリットがあるからです。

私の場合は、Google Playで共有して使うアカウント専用に Gmail を作成しています。


有料で購入したアプリを同じ アカウント を使用している他の Android端末では無料で使用出来るようになります

(アプリを有料で購入したことを家族に知られたくない時は、話は別です)


私の場合は、有料のドローンアプリ等を 他の Android端末で同じように使用出来るようになります。

すでに誰かが有料のアプリを購入している時は、その人の「Google Play」に登録している アカウント を使用します。

実際に使用した感想を順次追加

2020年8月28日と9月2日に購入、実際に使用した感想を追加していきます。

  1. 思った以上に細身で持ちやすい
  2. 電源ボタンの反対側にボリュームボタンがあるので、スリープするために電源ボタンを押す時に、反対側のボリュームボタンを同時に押して、スクリーンショットを撮ってしまう
  3. 付属しているTPUソフトクリアケースは、かなりキツ目に設計されており、フィット感は抜群で、安心感があります
  4. 画面には保護フィルムが最初から張られており、張り替えの必要はなさそうです
  5. 細身ですが、iPhone 6s より少し幅が広く、縦が長いのでWeb画面等は見やすい
  6. 画面の解像度が HD+(1600×720)と他のスマホと比較し少し荒いかと心配していましたが、Web閲覧等では大した影響は有りませんでした
  7. カメラに関しては特に優秀とは思いませんでしたが、超広角は画角119度の広角レンズにを使用しており満足な点です
  8. 5000mAhの大容量バッテリーが搭載され使用可能時間が長く助かります
  9. OTGケーブルを使うとモバイルバッテリーの代わりとなるのが以外と便利
  10. 画面の文字を大きく見やすくする為には、画面幅がもっと大きい方が良いと思った
  11. 指紋認証や顔認証を使っているが、ストレスなく認証される。
  12. 2021年2月までは楽天とY!mobileを併用していました。
    このスマホ1台で、楽天Mobile と Y!mobile の各SIMをセットしてデュアルSIMで利用できるので、スマホを2台持ち歩かなくてすむようになりました
    Y!mobileの VoLTE、MMS、SMS にも対応
  13. 2021年3月からは楽天とUQmobileを併用していますが問題無し