ドローンのレビューや使用方法。
便利な自動操縦アプリを実際に使用して確認と使用方法の整理。
出先で操作方法を確認するために自分なりに整理。
関連商品の使用方法など忘れないようにまとめています。
   

空撮用ドローン
Parrot社製 Bebop Drone

このドローンは紛失したため確認が継続できません。
(2015年4月06日~2015年5月28日紛失)

Bebop Drone 総合メニュー

商品の概要(2015年4月6日導入)


日本での発売開始 2015年4月4日(2015年3月25日注文・・4/6 着)

小型、コンパクトで持ち運びに便利。私はスマホで操縦するタイプを購入したので気軽にどこへでも持っていけます。

必要な時には、Gamepad を使用して操縦もでき、通信距離の拡大も出来ます。

ビジネスバッグでキャリングケースを作ると、機体・バッテリー・エクスパンダー等一式持ち運べるようになり手軽です。

メーカーのホームページから抜粋し整理しました。

Parrot Bebop Drone の 概要
機体の色は赤を選択
リモコン無し、スマホで操作
アプリ「FreeFlight Pro」
プロペラガードを取り付けた画像
安全性を重視したデザイン
超軽量(400g)で、グラスファイバーで補強されたABS素材を使用したBebop Droneは、丈夫で危険性の無い製品です。
ショックを受けると、プロペラは自動的に停止します。 非常事態には、Emergency モードによってすぐにドローンを着陸させることができます。
そして、同梱されているEPP製のハル(バンパー)は、室内飛行における安全性を保証します。
先進技術
内蔵されているコンピューターは、パロット社製AR.Drone2.0に比べ8倍強力、デュアルコアプロセッサーP7による優れた計算能力を実現。
クアッドコアグラフィックプロセッサーを内蔵。フラッシュメモリー8GB内蔵 。クアッドコア グラフィックプロセッサー 。マグネシウム製ベースに機体を組み立て、電磁気シールドと冷却システムを保証。
パロット社製Bebop Droneは、これまでホビー用ドローンに見られなかったパフォーマンスをもたらしました。
独自のWi-fiネットワークを管理
Wi-Fi MIMO接続:Bebop Droneには、MIMOによる2.4GHz、5GHzの周波数を使用する、2本のWi-Fiバイバンドアンテナが装備されています。
最新の規格Wi-Fi 802.11により、独自のネットワーク接続を行います。
これにより、ネットワーク接続の混雑状態によって、周波数を選択することができるようになりました。
取り外しが簡単に
Bebop Droneの持ち運びがしやすいよう、全てのパーツは取り外せるようになっています。
パイロットは飛行に集中し、見事な写真やビデオを撮影することができます。
驚くべき安定性
Bebop Droneは、操縦時に妥協のない最大限の安定性を保証するために、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計といった、複数の3機軸センサーのデータ統合を行います。
8mの射程範囲を持つ超音波センサー、圧力センサー、垂直カメラが、対地速度を測定します。
このお陰で、GPS信号の無い室内でも安定したホバリングが出来ます。
1400万画素の
魚眼レンズカメラ

Bebop Droneは、1400万画素の魚眼レンズ付きカメラを搭載し、視野180度の高品質画像を撮影します。
オールデジタルの画像安定技術によって、クアッドコプターに起因する飛行状態の如何を問わず、飛行撮影ができます。(デジタル方式のジンパル
跳ね返りやほこりに対する耐性加工を施しています。
スポーツカメラの弱点は、水平ラインのひずみ(わん曲)にあります。パロット社のBebop Droneには、この水平ラインのひずみが生じません。したがって視野がカーブ状に見える現象も起こりません。
カメラの方向を操作
180度の視野

操縦アプリケーションを通して、パイロットは親指を動かすだけでカメラの方向を操作することができます。
視野180度の水平方向の動きはデジタル調整により、ドローンの動きに全く影響されません。
アプリケーション
「FreeFlight Pro」を使い
直感敵な操作による飛行

Bebop Droneには、スマートフォン&タブレット用の無料アプリケーションを使用することができます。
アプリケーション「Freeflight Pro」は、iOSとAndroid 端末に使用可能。人間工学を重視したことにより、きわめて操作がしやすくなり飛行する楽しみに集中することができます。
ホームページから、操縦、写真、ビデオ、「パイロトアカデミー」クラウドといった基本機能にアクセスできます。
「Freeflight Pro」によって、速度、最大高度、操縦モード(加速度計、バーチャル操縦桿など)といった幅広い詳細設定が行えます。

Gamepad を使用して操縦することも可能です。2017年3月に確認。
フライトプランを利用して、
自由に操縦できます

2015年04月10日購入時点では、まだこの機能は搭載されていませんでした。
ホームページを見てすぐ使えると思って購入したので非常に残念。
2015年10月22日 有料で追加購入できるようになったようですが、
2015年05月に紛失したので操作の確認はしていません。

Bebop Droneは、GPSシステムを内蔵しています。スマートフォンで飛行ルートを設定するだけで、ドローンが地図に沿って飛行します。
GPSシステムにより、精密なロケーション特定:GPSのGNSSチップを用いたGlonassサテライトからのトラッキングで、誤差は+/- 2 mです。
350回以上の飛行データを記録します。 Cloud Parrot では、記録された高度&速度データをもとにして、あなたの飛行の3D映像を見ることができます。