パソコンの有効活用で、ホームページの作成を始めました。
自作パソコンや周辺機器、スマホに関する話題です。
root化 や 部品交換等の改造もメモしています。
使用している気に入ったアプリの紹介・・等々。
   

楽天 Mobile パートナー回線
「auエリアローミング」が順次終了

2020年10月22日から
東京都、大阪府、奈良県の一部で順次終了

2020年11月13日現在

2020年8月末に契約 ~ 現在サブで使用中
まだメインでは怖くて使用できない。


奈良県の我が家は「auネットワーク(KDDI)のローミング」エリアでしたが、auのローミングが終了した後は、「圏外」となり電話もデータ通信も不可となりました。


auネットワーク(KDDI)のローミング提供期間は、2019年10月1日から2026年3月31日までとなっています。

自社回線エリアの人口カバー率を2021年3月末までに70%、2021年中に96%近くまで広げると大幅な前倒しを表明しています。

しかし、都道府県単位で楽天モバイルの自前エリアの人口カバー率が70%を上回った場合、その都度両社の協議によってそのエリアのサービスの提供を終了することになっているようです。
密集地以外では、70%の場合単純に10人の内3人は通話不能となってしまい通話不能になる被害者は多くなります。


KDDIは2020年10月22日から順次、東京都、大阪府、奈良県の一部において、楽天UN-LIMIT ユーザー向けのローミングサービスを終了しています。

今回の3都府県の一部におけるサービスの順次終了は、楽天モバイルの自前エリアの整備が進んだ結果であると思われます。
しかし、auのローミングが終了した一部地域では、信号は「圏外」となり、通話・データ通信、当然 LINE も使用不可となりました。

現実は楽天のアンテナの整備が全く追いついていないようです。
しかも地図上では「楽天エリア」になっている公園のど真ん中でも、「my 楽天モバイル」の画面では「パートナー回線」と表示され、信号は「圏外」です。


下記画像は、楽天とY!mobileのSIMを2枚さして使用しているものです。
楽天はアンテナ信号線が無く x が付いています。


契約者に対し楽天からは何も連絡が無いため、突然の「圏外」に楽天のみ使っている人は全く使用できなくなり困っていました。


KDDIホームページ 楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア


東京都の場合

東京都において順次ローミングサービスを終了する市町村は以下の通り。
東京23区については当初から屋外でのローミングサービスを提供していない。

八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、神津島村、小笠原村

以下の町村については、引き続き全域でローミングサービスを提供する。

檜原村、大島町、利島村、新島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ヶ島村

東京都については2021年3月末に原則完全終了。


大阪府の場合

大阪府において順次ローミングサービスを終了する市町村は以下の通り。
大阪市については当初から屋外でのローミングサービスを提供していない。

堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、泉南市、四條畷市、交野市、大阪狭山市、阪南市、豊能町、能勢町、忠岡町、熊取町、田尻町、岬町、太子町、河南町、千早赤阪村

なお島本町については、引き続き全域でローミングサービスを提供する。


奈良県の場合

奈良県において順次ローミングサービスを終了する市町村は以下の通り。

奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、明日香村、上牧町、王寺町、広陵町、河合町

なお、以下の町村については、引き続き全域でローミングサービスを提供する。

山添村、曽爾村、御杖村、高取町、吉野町、大淀町、下市町、黒滝村、天川村、野迫川村、十津川村、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村