パソコンの有効活用で、ホームページの作成を始めました。
自作パソコンや周辺機器、スマホに関する話題です。
root化 や 部品交換等の改造もメモしています。
使用している気に入ったアプリの紹介・・等々。
   
    
    

デュアルSIMの 使用と設定例

  1. iPhone XRnanoSIM と eSIM をセットする手順
    nanoSIM(UQmobile) + eSIM(楽天mobile)
  2. iPhone XR をデュアルSIMで使用している時の画面表示
  3. OPPO A5 2020nanoSIMを2枚刺して使った時のセット方法
    SIM1(楽天mobile)に、SIM2(Y!mobile)を追加設定

iPhone XR
nanoSIM と eSIM をセットする手順

2021年6月15日に実施。

私の場合、楽天mobile の データ使用量が 1GB未満の場合利用料ゼロ が魅力で契約させてもらっています。
しかし 楽天mobile の 電波が安定せず、自宅では圏外で、外でも時々圏外となり安心して使用できないため、無料通話のみ使用しています。


デュアルSIMで使用した内容

Softbank版のSIMロックを解除した iPhone XR に、UQmobile の nanoSIM と 楽天mobile の eSIM をデュアルでセットして使用しています。

我が家では、楽天の電波は圏外となるのでUQmobile をメインで使用。


iPhone XR に デュアルSIM をセットする手順

UQmobile の nanoSIM を取付け設定が完了したiPhone XR に、楽天mobile の eSIM を設定しました。

  1. 電源OFFでUQmobile の nanoSIMを取付け電源ON
  2. 自宅のWiFiに接続する(プロファイルをインストールする為)
  3. UQmobile以外の通信サービスを利用していた場合、プロファイルの削除が必要
    「設定」>「一般」>「プロファイル」で他の通信サービスのプロファイルがあればタップし、「プロファイルを削除」を実施
  4. 「設定」>「モバイル通信」で「モバイルデータ通信 」と「デフォルトの音声回線」で UQmobile を選択
  5. iPhone XR で UQmobile の プロファイルをダウンロードしてインストール
    UQmobile の プロファイルのインストールホームページに 手順の説明もあります)
  6. 楽天mobile の eSIM を契約し、書類が送られてきたら設定できます
  7. iPhone XR 以外のスマホかパソコンを用意します
  8. 自宅のWiFiに接続する(プロファイルをインストールする為)
  9. 「設定」>「モバイル通信」で「モバイルデータ通信 」と「デフォルトの音声回線」で 楽天mobile を選択しておきます
  10. 送られてきた「START GUIDE」の裏面に貼られたQRコードを、別のスマホかパソコンで読み取り、開通手続きを進めます
    パソコンでQRコードを読めない時は、QRコードを読み取る無料ページを利用
  11. 楽天mobile の eSIMの設定が完了したら、「モバイルデータ通信 」と「デフォルトの音声回線」をメインで使用する UQmobile に変更しました
    「設定」>「モバイル通信」で設定変更

iPhone XR
デュアルSIMで使用している時の画面表示

nanoSIMにUQmobile、eSIMに楽天mobileをセットして使用した時、画面に表示される信号をスクリーンショットしてみました。

  1. 「設定」の「モバイル通信」で、「モバイルデータ通信」にUQmobileを指定し、Webの閲覧やYouTube等はUQmobileを使うように設定しています
  2. ホーム画面の右上にUQmobileと楽天mobileの信号強度のグラフが表示されています。
    「モバイルデータ通信」に設定されている方が上段に表示されます。
    赤い矢印がUQmobile、黄色の矢印が楽天mobileです。
  3. コントロールセンターを開いて確認した表示です。
    「モバイルデータ通信」にUQmobileを指定しているので、UQmobileの方に4Gの表示が付いています。

OPPO A5 2020
nanoSIM を 2枚刺して使った時のセット方法

2020年9月3日に実施。

私の場合、楽天mobile の データ使用量が 1GB未満の場合利用料ゼロ が魅力で契約させてもらっています。

下記作業は SIMフリーの OPPO A5 2020 を使用して設定しました。

(追記)
OSを ColorOS 6.0(Android 9)から ColorOS 7.1(Android 10)にアップデートしたため、一部の説明文を変更しました。


楽天Mobile を SIM1にセットした OPPO A5 2020 に、Y!mobile の nanoSIM n141 を SIM2に 追加して2枚刺しで使用できるようにする具体的なセット方法です。

通常のnanoSIMであればSIM2に刺すだけで使用できると思いますが、Y!mobileの nanoSIM n141 の場合は下記のように設定する必要があります。

  1. 電源OFFの状態で SIM2 を追加します
    左から、microSD、SIM2(Y!mobileのnanoSIM)、SIM1(楽天のnanoSIM)
  2. 電源をONして「設定」>「SIMカードおよびモバイルデータ」を開くとSIM1のみの表示だったのが、SIM1とSIM2が表示されるようになります
    左の画面はColorOS 6.0(Android 9)の画面です
  3. Y!mobile をセットしたSIM2をタップし、さらに「アクセスポイント名」をタップ
  4. 画面右上の「+」をタップし、「アクセスポイントの編集」画面をだします
  5. 「アクセスポイントの編集」画面で、各項目をタップして入力を行います。

    名前:Y!mobile n141・・・わかりやすい好きな名前を入力できます

    APN:kqtqjs

    ユーザー名:tnsrknk

    パスワード:cmtknrn・・・最後の文字が m に見えますが r と n です

    認証タイプ:「PAPまたはCHAP」を選択します

    上記以外の項目は初期値のままでOKです。

    入力が終わったら右上の「保存」をタップします

  6. アクセスポイントの名前の行の右端が選択されたアクセスポイントを使用します
  7. 一つ前の画面に戻り「優先ネットワークのタイプ」で4G/3G/2G(自動)を選択
  8. 「SIMカードおよびモバイルデータ」の画面に戻り
    • 「通話」をタップし「SIM2」を選択
      通常の電話は、10分無料のY!mobileを使用するように選択
      楽天の無制限無料通話をする場合は「Rakuten Link」を使います
    • 「モバイルデータ」をタップし「SIM2」を選択

      上記で いずれも SIM2 を選択した理由
  9. デュアル SIM が正常にセットされると、画面右上には信号が2つになります