パソコンの有効活用で、ホームページの作成を始めました。
自作パソコンや周辺機器、スマホに関する話題です。
root化 や 部品交換等の改造もメモしています。
使用している気に入ったアプリの紹介・・等々。
   
    
    

使用中キャリアの 各種情報

契約中や過去に使用したキャリア各社の 契約条件等をメモしてみました。

料金・使用バンド・APN設定方法 等も含んでいます。

  1. 楽天モバイル 関連メニュー(契約中)
  2. UQ mobile 関連メニュー(契約中)
  3. Y!mobile 関連メニュー (契約中)
  4. IIJmio 関連メニュー (契約中)
  5. 各キャリア が 使用する バンドバンド一覧表
  6. スマホが 現在接続しているBand を確認する方法
  7. プラチナバンド と VoLTE とは
  8. 各キャリアの 3G回線 が 終了する 予定時期

各キャリアが 使用するバンド

2021年3月現在

手持ちのスマホやSIMフリースマホを購入する時に、各キャリヤ系列で使用できる適切なバンドに対応しているか確認する必要があります。

特に格安SIMの場合は、自分でスマホの規格を調べて対応するバンドがあるかどうか調べる必要があります。

4G(LTE)は主にスマホでネットをする時に使う電波形式です。現在のスマホはほぼLTEに対応しているようです。

3G(W-CDMAとCDMA2000)は音声通話とデータ通信の両方で使われています。
docomoとSoftbankがW-CDMAを使っていて、auがCDMA2000を使っています。

各キャリアの 3G回線終了予定一覧


各キャリアで必要なバンド

全て、VoLTE に対応(4G LTEを活用した音声通信サービス)しています

  1. docomo系列のSIMを使う場合
    • 4G(LTE)バンド 1,3,19 に対応
      3G(W-CDMA)バンド 1,6 に対応
  2. au系列のSIMを使う場合
    • 4G(LTE)バンド 1,18(または 26)に対応
      18に対応していなくても26に対応していればOK
      3G(CDMA 1X WIN)が停波後は、au VoLTE対応が必要
  3. Softbank系列のSIMを使う場合
    • 4G(LTE)バンド 1,3,8 に対応
      3G(W-CDMA)バンド 1,8 に対応
  4. 楽天のSIMを使う場合
    • 4G(LTE)バンド 3 にのみ対応
      楽天専用のアンテナが設置されるまでは、ローミングとして au の バンド18 を使用
      3Gには 未対応

各キャリアを使う時に必要な バンド一覧表
4G(LTE)、5G(Sub6)、3G(W-CDMA)

2021年2月現在

楽天は、自社のアンテナエリア外では au の Band 18 を使用しています(パートナー回線)。
Band 26 も Band 18 を内包しているので、26に対応していれば使用可能。

但し、楽天はプラチナバンドを持っていないので、auのローミング(パートナー回線)が終了すると band 3 のみになり、つながりが悪く場所によっては圏外となっています。
アンテナの増設が急務と思われますが、相当時間がかかりそうです。


〇印と〇印は 各キャリアで必要な 4G(LTE)Bandです。

特に、〇印は 各キャリアの プラチナバンドです。

4G(LTE) 周波数 docomo au
(UQ)
Softbank
(Ymobile)
楽天
Band 1 2.1GHz
(〇)

(〇)
Band 3 1.7/1.8GHz  
(〇)
Band 8 900MHz    
Band 11 1.5GHz  
Band 18 800MHz
860-870MHz
 
  (au)
Band 19 800MHz      
Band 21 1.5GHz      
Band 26 800MHz
859-894MHz
 
  (au)
Band 28 700MHz  
Band 41 2.5GHz  
(△)
 
Band 42 3.5GHz  


〇印は各キャリアで必要な 5GBandです

5G(Sub6) 周波数 docomo au Softbank 楽天
n77 3.6~3.7GHz
n77 3.7~3.8GHz 〇 
n77 3.8~3.9GHz    
n77 3.9~4.0GHz  
n77 4.0~4.1GHz  
n78 3.3~3.8GHz 〇     
n79 4.5~4.6GHz      
n257  


〇印は各キャリアで必要な 3GBandです

3G
W-CDMA
周波数 docomo au Softbank 楽天
Band 1 2.1GHz  
Band 6 800MHz  
Band 8 900MHz  
Band 9 1.7GHz  
Band 11 1.5GHz  
Band 18 800MHz      
Band 19 800MHz  
CDMA2000
BC0
800MHz  

スマホが 現在接続しているBandを確認する方法

アプリ「LTE回線状況チェッカー」を使用

アプリ「LTE回線状況チェッカー」を使用すると、実際に通信しているスマホが、どのBandを掴んで通信しているか確認できます。

Google Playストア から LTE回線状況チェッカー をダウンロードし無料で使用できます。

チェックした表示例

  • デュアルSIMで使用している場合
  • 楽天回線エリアの場合
  • 楽天のパートナー回線エリア、又は au関連エリアの場合
  • 楽天以外の キャリア回線エリアの場合
  • 圏外の場合

このアプリは、携帯電話回線(LTE)の回線状況を取得するアプリです。

電波強度やバンドなどの詳細な回線状況に加えて、接続している通信事業者名を表示します。

特に楽天モバイルを意識したアプリなので、楽天モバイルを契約しているユーザは、「楽天回線エリア」か「パートナー回線エリア」のどちらに接続しているのか確認することができ、便利です。

常に監視する設定がありますが、バッテリーを消費するので通常はチェックを付けない方が良いと思います。

●デュアルSIMで使用している場合

所有している OPPO A5 2020 はSIMを2枚させるので、デュアルSIMで使用している時は、下記の黄色の矢印のように切替のアイコンが追加されます。

タップするごとに切り替わります。



●楽天回線エリアの場合

楽天回線の Band:3 に接続されています。



●楽天のパートナー回線エリア、又は au関連エリアの場合

下記の表示は、au回線(KDDI)を使用している UQモバイル の場合の表示です。

au回線(KDDI)の Band:18 に接続されています。

楽天モバイルの「パートナー回線エリア」の場合もau回線を使用しているので同様の表示になります。



●楽天以外の キャリア回線エリアの場合

下記の表示は、ドコモ回線を使用している IIJmioモバイル の場合の表示です。

ドコモ回線の Band:1 に接続されています。



●圏外の場合

楽天専用のアンテナが立つと、そのエリアではパートナー回線が使用できなくなります。

我が家のように楽天専用のアンテナが近くに立ったため、パートナー回線が使用できなくなりました。

しかも楽天の電波が弱いため圏外になってしまい、楽天モバイルの使用が出来なくなりました。この場合は下記のような表示になりました。

アプリ「Mobile Cell Check」を使用

アプリ「Mobile Cell Check」を使用すると、実際に通信しているスマホが、どのBandを掴んで通信しているか確認できます。

Google Playストア から Mobile Cell Check をダウンロードし無料で使用できます。


シャープ製 Android One X4 に Y!mobile のSIMをセットして測定しました。

プラチナバンド と VoLTE とは

プラチナバンドとは、700MHz~900MHzの周波数帯域の電波を使用。
ビルや地下鉄や山岳地帯などの障害物に強いので、携帯無線通信において最適な周波数帯域といわれております。

VoLTE とは、4G(FDD-LTE)エリア内で利用できる音声通話サービスです。
音声通話を行いながら、同時に超高速データ通信サービス4G(FDD-LTE)を利用できます

各キャリアの 3G回線 が 終了する予定時期

docomo/au/Softbank の各系列で3G回線が終了する時期です。