パソコンの有効活用で、ホームページの作成を始めました。
自作パソコンや周辺機器、スマホに関する話題です。
root化 や 部品交換等の改造もメモしています。
使用している気に入ったアプリの紹介・・等々。
   

使用タブレット と 比較表

タブレット(使用中)

  • 2018年02月13日購入(2017年製)
    iPad (第5世代)(9.7インチ Wi-Fi モデル)
  • 2014年01月購入(2013年製)
    iPad Air(9.7インチ Wi-Fi モデル)
  • 2014年05月購入(2012年製)
    SHARP製 RW-N107(7インチ Wi-Fi モデル)

仕様 の 比較表・・・タブレット

  • 2018年02月10日現在
    タブレット 仕様 比較表E(iPad 2017年製、iPad Air 2013年製)
  • 2017年01月24日現在
    タブレット 仕様 比較表D(Teclast P80h、iPad Air 2013年製)

過去に使用していた タブレット

  • 2017年02月09日購入
    Teclast P80h(8インチ Wi-Fi モデル、root化)

★2018年02月13日購入
タブレット iPad(第5世代)(9.7インチ Wi-Fi モデル)

女房用にこの iPad を購入したので、今までの iPad Air をドローンで使用出来るようになりました。

iPad(第5世代)はメモリが倍増し、CPUも強化されています。

基本的な機能はあまり変わらないと思いますが、追加や改善されたものがあります。

★タブレットの仕様を比較した比較表Eです(2018年02月12日現在)

機種 iPad(第5世代)
2017年製
iPad Air(第1世代)
2013年製
 
OS
発売時
iOS 10.2.1 iOS 7.0
CPU Apple A9
2コア 1.85GHz
64Bits
Apple A7
2コア 1.4GHz
64Bits
GPU 組み込み型
M9コプロセッサ
PowerVR G6430
4コア
メインメモリ 2GB(LPDDR4) 1GB(LPDDR3)
フラッシュ
メモリ
32GB 16GB
ディスプレイ Retinaディスプレイ
9.7インチ型TFT(IPS)
マルチタッチ液晶
QXGA(Quad-XGA)
画素数:2048×1536px
解像度:264ppi
色深度:8bit 1677万色
耐指紋性撥油コーティング
Retinaディスプレイ
9.7インチ型TFT(IPS)
マルチタッチ液晶
QXGA(Quad-XGA)
画素数:2048×1536px
解像度:264ppi
色深度:8bit 1677万色
反射防止コーティング
通信方式
(Wi-Fi)
Wi-Fi
(802.11 a/b/g/n/ac)
(2.4GHz/5GHz)
MIMO
Bluetooth 4.2+HS
Wi-Fi
(802.11 a/b/g/n)
(2.4GHz/5GHz)
MIMO
Bluetooth 4.0+HS
センサー 3軸ジャイロスコープ
加速度センサー
環境光センサー
デジタルコンパス
気圧計
指紋認証センサー
(Touch ID)
GPSは付いていません
3軸ジャイロスコープ
加速度センサー
環境光センサー
デジタルコンパス

GPSは付いていません
カメラ
(バック)
800万画素カメラ
Live Photos
オートフォーカス
パノラマ
(最大43メガピクセル)
写真のHDR
露出コントロール
バーストモード
タップしてフォーカス
タイマーモード
F/2.4
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
裏面照射
自動手ぶれ補正
顔検出
写真へのジオタグ添付
500万画素カメラ
5メガピクセルの写真
オートフォーカス
顔検出
裏面照射
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
F/2.4
タップしてフォーカス
露出コントロール
写真へのジオタグ添付
HDR写真
ビデオ撮影
(バック)
1080p HDビデオ撮影
(30fps)
ビデオの手ぶれ補正
顔検出
3倍ビデオズーム
ビデオへのジオタグ添付
スローモーション
(120fps)
手ぶれ補正機能を使った
タイムラプスビデオ
1080p HDビデオ撮影
ビデオの手ぶれ補正
顔検出
タップしてフォーカス
裏面照射
3倍ビデオズーム
ビデオへのジオタグ添付
カメラ
(フロント)
1.2メガピクセルの写真
Live Photos
F/2.2の開口部
Retina Flash
720p HDビデオ撮影
裏面照射
写真とビデオのHDR
顔検出
バーストモード
タップして露出コントロール
タイマーモード
外部接続端子 Lightningコネクタ
バッテリー 電圧3.75ボルト(4,250mAh)
32.4Whのリチウムポリマー電池
最長10時間のバッテリー駆動
サイズ 240mm(縦)×169.5mm(横)×7.5mm(厚)
重さ 469g

★2017年02月09日購入
タブレット Teclast P80h(8インチ Wi-Fi モデル)

★Teclast P80h(D4C7) ホワイト(8インチ Wi-Fi モデル)

P80h (D4C7)


カメラの機能は低いので
写真や動画を撮影する時は
スマホを使用します。

購入価格は7,062円(税込み送料無料)と非常に安く、気軽に使用できる商品です。

ドローン操縦を目的に購入。スマホよりだいぶ画面が大きいのと、GPSを搭載しているので使用可能。

当然屋外で使用するので画面の反射を防ぐため、AQUOS CRYSTAL 305SHと同じ「ASDEC(アスデック) 社ノングレア液晶保護フィルム」を貼りました。

電話用のAndroidスマホを root化して使用しようと思いましたが、失敗して通常の電話やメールに支障が出ると困るので、とりあえずroot化しやすく手頃なこの製品を購入しました。(root化を実施しました

10インチが大きくて見やすいのですが、価格で8インチに落ち着きました。

ネットで検索すると、結構評判がよく3Dゲームでなければそこそこ使えるようです。

一つ残念なことは、色々なセンサーが組み込まれているという情報でしたが、アプリ「SENSOR」で確認すると、加速度センサーのみ確認でき、そのほかのジャイロセンサー等は付いていませんでした


●実際にドローンの操縦に使用した結果(2017年3月29日)

WiFi接続タイプのドローン操縦アプリでは、問題なく操縦でき、FPV画像も正常です。


アプリ Litchi 単体の動作は問題無いのですが、Phantom 3 と接続完了後アプリを起動するとドローンからの映像が表示された後、画面が固まりタップ操作を全く受け付けず、数分時間がたつと「このアプリは応答していません」というような内容のメッセージが表示されます。何度実施しても同じ結果となり、残念ながら怖くて Litchi の使用はできません

同程度の能力の「AQUOS CRYSTAL 305SH」(CPU1.2GB、メモリ1.5GB)では問題なく動作します。


下記の表で単純に iPad と比較しても、CPUの周波数やメモリ容量に大差ないため大丈夫と思っていましたが、かなりパワー不足でした。

iPad Air の場合は、実際の飛行時でも全く問題なく非常にスムースに映像を表示して動作します。3年以上経過した製品ですが iPad は使いやすく優秀だと再認識しました。しかし女房の持ち物なのでいつも使うことが出来ません・・・。


追記・・・一般的にroot化したデバイスでも ドローン用アプリLitchi の使用には問題ありませんでした。

ASUS Zenfone 3 を root化しても全く同様に継続して使用できていますので、この Teclast P80h は残念ながら Litchi の使用にはパワー不足だと判断しました。


●今後の使用目的としては

・WiFi接続タイプのドローン操縦や、Gamepadを使った操縦に使用する。画面が大きいので画像や操作確認に便利

・Litchi の場合、アプリ単体の動作は問題無いので、8インチの画面でミッションを作成しネットに保存すれば共有できる

・HDMI 端子が付いているので、ネットワーク対応メディアプレーヤーとして使用(大きなTV画面で鑑賞できる)

・今回実施した root化のように、色々な検証に気軽に使用することが出来る

・ネットを巡回しWeb閲覧する時は、スマホより画面が広いので見やすく便利です。


●2018年2月手放しました

女房の iPad Air を譲り受け使用可能となり、タブレットが2台あっても使用頻度は高くないので、Teclast P80h を手放しました。

★タブレットの仕様を比較した比較表Dです(2017年01月20日現在)

品名 ドローン用に購入
Teclast P80h(D4C7) Wi-Fi モデル
2016年7月製造
女房用
iPad Air 16GB Wi-Fi モデル
2013年製造
OS Android 5.1(Lollipop) 購入時 iOS 7
(アップデート可能)
CPU MTK(MediaTek社)
MT8163 ARM A53 1.3GHz 64bit
クアッドコアプロセッサー
A7 チップ(1.3GHz)
デュアルコアプロセッサー
GPU Mail-T720 (2コア) M7モーションコプロセッサ
メモリ 1GB (LPDDR2) 1GB
内部ストレージ 8GB (NAND) フラッシュメモリ 16GB
外部ストレージ microSD (MAX 32Gbyte)
・・・16GByte 追加
無し
ディスプレイ IPSテクノロジー搭載
8インチ(対角)
LEDバックライト
1,280 x 800 ピクセル
解像度 (WXGA)
上下左右178度の視野角
アスペクト比 16:10
IPSテクノロジー搭載
Retinaディスプレイ
9.7インチ(対角)
LEDバックライト
2,048 x 1,536ピクセル
解像度 264 ppi
耐指紋性撥油コーティング
タッチパネル マルチタッチセンサー マルチタッチディスプレイ
入出力 接続端子 microUSB2.0
microHDMI
3.5mmミニジャック
Lightningコネクタ
3.5mmミニジャック
スピーカー 内蔵スピーカー
マイクロフォン
内蔵スピーカー
マイクロフォン
通信方式 Wi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac)
デュアルチャンネル
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.0
OTG機能:有り
MicroUSB端子に
キーボード・マウス
プロジェクターなど接続可能
Wi-Fi(802.11a/b/g/n)
デュアルチャンネル
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.0
センサー GPS
加速度センサー(確認済み)

以下の機能は無いようです
ジャイロ、磁場、重力
直線加速、回転
3軸ジャイロ、加速度センサー
環境光センサー 、デジタルコンパス

GPSは付いていません
正面カメラ 0.3メガピクセル(30万画素)
写真:0.3 MP(640 × 480)
動画:2.1 MP(1920 × 1080)

カメラの解像度は低いです
1.2メガピクセル(120万画素)
720p HDビデオ
Wi-FiでのFaceTimeビデオ通話3
顔検出、裏面照射、タップして露出
フォーカスをコントロール
写真とビデオへのジオタグ添付
背面カメラ 2メガピクセル(200万画素)
写真:1.9 MP(1600 × 1200)
動画:2.1 MP(1920 × 1080)

カメラの解像度は低いです
5メガピクセル(500万画素)
iSightカメラ
オートフォーカス、顔検出、裏面照射
5枚構成のレンズ
ハイブリッド 赤外線フィルタ
f/2.4の開口部、タップして露出
HDR写真
サイズ 210 x 121 x 9.9 mm 240 × 169.5 ×7.5 mm
質量 331g 469g
駆動時間 約 6時間(ビデオ再生時)
約 2日間(Web閲覧程度)
最大10時間
(ビデオ再生、オーディオ再生にて)
充電 電源アダプタ、またはUSB経由で充電 電源アダプタ、またはUSB経由で充電
バッテリー 3,400mAh 4,250mAh

★2014年1月購入
タブレット iPad Air ホワイト(Wi-Fi モデル)

★iPad Air ホワイト(シルバー) (Wi-Fi モデル 16GB)  2014年1月購入

ソフトバンクにて、女房専用のタブレットとして購入したが、2018年に買い替えたので、2018年2月から私がドローン用に使用。

スマホとのディザリングを利用して外出先でも使用できます。

ドローンを飛ばす時に、画像や地図を確認しながら操作する時はスマホより画面が大きいので便利が良い。


詳しい規格一覧表 →→→ iPad Air と iPad (第5世代) の 仕様比較表

★2014年5月購入
タブレット SHARP製 RW-N107(Wi-Fi のみ)

★SHARP製 RW-N107   2014年5月購入

私用に女房がイオンで購入してきた。なんとプラスティックの裏側傷防止ケース付きで800円。1家族1台の限定販売。

製品発売が 2011年09月05日 で、2012年に生産終了となり保守対応期限は2015年9月末まで、となっているが通常の使用であれば充分な機能。


2014年7月現在 市場のAndroid は Ver4 となっていますが、シャープではこの商品のアップデートの予定はもう無く Ver2.3.4のまま Android のバージョンアップは出来ません。

商品名は「A touch Ru*Run」RW-N107といい、RW-T107と同等品ですが、このRW-N107には最初からGoogle play(Playストア)が導入されているので便利です。

大手スーパーのイオンのイオンネットスーパーの通販に使用する端末として販売していたもの。無料で配布しているところもあったらしいが、この価格ならOK。


イオン専用のアプリや役に立つオリジナルアプリが組み込まれている。

中でも気に入ったのは、FeliCa対応リーダー/ライターが付いているので、イオンカードの読み取りが出来、WAONカードの残金確認やチャージが自宅で出来る。

さらに「ICOCAカード」等を読み取り残高の確認もできるという便利な機能がついている。


しかし、2016年にイオンの対応が終了したため使用目的が無くなりました。

一旦、不要になったアプリや使用しなくなったアプリを全てアンインストールし、動画再生に必要なアプリやネット関係のアプリをインストールしました。

目的は、ネットワーク対応メディアプレーヤー と WEB閲覧 に利用出来るようにするためです。

X-plore と MX 動画プレーヤー がメインのアプリになります。字幕ファイルがあれば、自動的に再生画面に合成してくれます。

タブレット単体で再生したり、HDMIケーブルでTVに接続し大きな画面で鑑賞できます。


Google play(Playストア)から好きなアプリをインストールできるので便利です。

SDカードの容量を増やしアプリやデータをSDカードに移動すれば容量不足で悩むことも少なくなります。


AndroidにおけるROMとRAMの意味が、パソコンのROMとは違うということがわかりました。

Androidの世界では、RAMはパソコンなどと同じメインメモリーの意味だが、ROMは内蔵ストレージのことを表している。

つまり、「ROM 8GB」と書かれていた場合、端末にフラッシュメモリが8GB内蔵されているという意味だそうだ。

この8GBの中にOSやプリインストール済みのアプリなどが入っているので、実際に使える量は機種によるが5GB前後になる。


品名 RW-N107 「A touch Ru*Run」
プラットフォーム Android 2.3.4(アップデート不可)
CPU TI OMAPR4430、1GHz(デュアルコア)(ARMプロセッサ)
GPU PowerVR SGX540(HD 720p動画再生対応)
メモリ RAM 512MB DDR2
ROM 8GB
(購入時は約5GBの空き)
外部ストレージ マイクロSDカード 8GB(入手後にセットした)
ディスプレイ 7型ワイドTFT液晶 WSVGA 1,024×600ドット
タッチパネル 静電容量方式
入出力 接続端子 Micro USB端子
Micro HDMI端子
Micro SDHCメモリーカードスロット
イヤホンマイク端子(φ3.5mmヘッドホン端子)
スピーカー ステレオスピーカー(1.5W×2)
通信方式 無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)
Bluetooth(V2.1+EDR)
Wi-Fiは5GHz帯に対応
(Wi-Fi利用場所を「屋内専用」に設定すると使える)
センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、
地磁気センサー、照度センサー、GPS
NFC ISO 14443 Type A、FeliCa
カメラ 前面:200万画素
背面:300万画素
(背面のみオートフォーカス機能あり)
サイズ 高さ約130 × 幅約194 × 厚さ約11.5mm
質量 約395g
駆動時間 連続動画再生時間 約8時間
充電時間 最大約5時間
バッテリー リチウムイオンポリマー電池、5,400mAh