OPPO Reno3 A
Y!mobile版

2021年08月 Y!mobileオンラインストア にて購入

  1. OPPO Reno3 A の 特徴(Y!mobile版)
  2. OPPO Reno3 A を 選んだ理由
  3. OPPO Reno3 A の 購入費用
  4. OPPO Reno3 A の 規格仕様
  5. SIMロック解除方法 2021年8月20日に実施
  6. 実機を使って AnTuTu で ベンチマーク測定
  7. Google Playに 家族で同じ アカウント を登録して使用
  8. 購入後、実際に使用した感想を順次追加(2021年8月~)

OPPO Reno3 A の 特徴

OPPOホームページ や、色々なホームページを参考にしました

  1. 約6.44インチ FHD+(2,400 x 1,080ドット)の 有機ELディスプレイ
  2. 4,800万画素のカメラを含め4台搭載し、撮りたい物を余裕で撮れる
  3. 電子式手ブレ補正で安定した動画撮影
  4. インカメラも、1,600万画素で高性能
  5. 少ない時間で素早くチャージできる急速充電に対応
    急速充電対応のACアダプタも付属しているので便利
  6. 意外と横幅がスリムで「片手での持ちやすさ」を考えた大きさ
  7. ボディは2色となっています
    左から、正面/ホワイト/ブラック
  8. ディスプレイ内にセンサーを備えた、ディスプレイ指紋認証方式を採用
  9. おサイフケータイやNFC が付いているので便利
    交通系ICカードは1枚のみ対応しており、切り替えて使うことは出来ない
  10. 防水・防塵を兼ね備えているので、安心して使用できる
  11. メモリが6GB/ストレージが128GBと大きいので、大容量のアプリのインストールやタスクの切り替えをスムーズに行えるなどの効果が期待できる
  12. 国内4キャリアの回線に対応しています
  13. 最初からディスプレイにフィルムが貼られ、TPUクリアケースも付属
  14. SIMフリー版 と Y!mobile版 の違い
    • Y!mobile版は、シングルSIMとなっています
    • Y!mobile版は、SIMロックを自分で解除する必要がある(2021/8現在)

OPPO Reno3 A を選んだ理由
  1. Y!mobile で キャンペーン期間中にMNPで契約すると、割安で入手できたため
  2. 6GB/128GBの大きなメモリを積んでいるので、スムースな操作が出来そう
  3. 6.44インチと大きな画面なので見やすい
  4. ドローン操縦時に、画面の表示が大きいので有利
  5. 有機ELディスプレイを採用しているので、全般に発色が濃く、画面表示が綺麗
  6. ベンチマークのAnTuTuデータが 184,000程度あり、標準的なミドルレンジのスマホとなっている
  7. おサイフケータイ や NFC がついているので、WAONカード 等の利用が出来る
  8. 電子式手ブレ補正がついているので、動画撮影が安定している
  9. 国内大手キャリアのバンドに全て対応しているので、応用がききやすい
  10. 最初からディスプレイにフィルムが貼られ、TPUクリアケースも付属しているので用意する必要が無い
  11. 急速充電対応のACアダプタが付属

OPPO Reno3 A の 規格仕様

OPPO Reno3 A の仕様は OPPOホームページより引用。

(2021年8月現在の仕様です)自分が気になる点を色分けしました。

端末名/型番

発売日
OPPO Reno3 A
Y!mobile版
SIMロック解除済み
2020年8月20日 発売モデル
OS 2021年8月購入時は
ColorOS 7.1(Android 10)

購入後バージョンアップにて
ColorOS 11(Android 11)
ベンチマーク

Antutuスコア
Ver8使用
総合 182,677
CPU 69,031
GPU 34,164
MEM 44,663
UX 34,819
カラー 正面と、ホワイト/ブラック
(ホワイトはグラデーションカラー)
液晶画面
解像度
FHD+/ 2,400×1,080
約6.44インチ

有機EL (AMOLED)
Gorilla Glass5
リフレッシュレート:60Hz
幅x高さx厚み 約74.1×160.9×8.2(mm)
重量 約175g
システムチップ
CPU:

GPU:
Qualcomm Snapdragon 665
オクタコアCPU
4x2.0GHz + 4x1.8GHz

GPU: Adreno 615
システム
メモリー
6GB (RAM)
LPDDR4xデュアルチャネルメモリ
内部
記憶容量
128GB (ROM)
SIM規格 Y!mobile版は
シングルスロット
nanoSIM
SDカード
記憶容量
microSDXC
最大 256GB
メインカメラ

F値

動画の解像度
4眼カメラ搭載
4800万画素(メイン)(f/1.7)
+800万画素(超広角)(f/2.2)
+200万画素 f/2.4(モノクロ)
+200万画素 f/2.4(ボートレート)

動画は 4K/1080P/720P 30fps
メインカメラ
ズーム
デジタルズーム(写真 / 動画)
最大 約10倍 / 10倍
メインカメラ
手振れ補正
写真 / 動画
電子式手振れ補正
カメラ機能 写真、ビデオ、エキスパート、
パノラマ、ポートレート、
夜、タイムラプス動画、
スローモーション動画など
インカメラ
(フロント)
1600万画素
コネクタ USB
Type-C / USB 2.0
通信方式

対応周波数

FDD-LTE(4G):1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28

TD-LTE(4G):38/39/40/41

W-CDMA(3G):1/2/4/5/6/8/19

GSM: 850/900/1800/1900MHz

テザリング
機能
対応 (最大10台)
Wi-Fi 2.4/5GHz 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証
(指紋 / 顔)
ディスプレイ指紋認証
顔認証
搭載センサー 磁気センサー、近接センサー
光センサー 、加速度センサー
ジャイロセンサー
ステップカウント機能対応

GPS、GLONASS、BeiDou、
Galileo、QZSS(みちびき)
NFC / FeliCa 対応
おサイフケータイ
その他 FMラジオ(有線イヤホン装着時)
防水 / 防塵 IP68
バッテリー
駆動時間
連続通話時間:約1,260分
連続待受時間:約350時間
バッテリー 4,025mAh
急速充電対応
本体付属品 急速充電対応のACアダプター/
イヤフォン/
USBケーブル Type-C/
クイックガイド/ 安全ガイド/
SIMカードスロット用ピン/

TPUソフトクリアケース/
保護フィルム(貼付済み)

実機を使って AnTuTu で ベンチマーク測定

自分で測定する時は、

iPhone版は「App Store」からインストールできます。

Android版は「Play ストア」からダウンロード出来なくなっていますので、Web上からダウンロードして使用します。

Web上にアップされているAnTuTu測定データは Ver8 が多いので、比較しやすいように、私は Ver 8.5.7 を使用しています。

ただしこのアプリは「Play ストア」から削除されている野良アプリなので、インストールや実行は自己責任で実施することになります。私は測定後すぐにアンインストールしました。

2021年8月23日に測定。AnTuTu Ver8.5.7。

Google Playに 家族で同じ アカウント を登録して使用

Google Playに 家族で同じ アカウント を登録して使用する理由は、家族の複数台の Android端末で有料のアプリを共有できるメリットがあるからです。

私の場合は、Google Playで共有して使うアカウント専用に Gmail を作成しています。


有料で購入したアプリを同じ アカウント を使用している他の Android端末では無料で使用出来るようになります

(アプリを有料で購入したことを家族に知られたくない時は、話は別です)


私の場合は、有料のドローンアプリ等を 他の Android端末で同じように使用出来るようになります。

すでに誰かが有料のアプリを購入している時は、その人の「Google Play」に登録している アカウント を使用します。

実際に使用した感想を順次追加

2021年8月に購入、実際に使用した感想を追加していきます。

  1. かなりスムースな動作をするので、ドローンの操縦にも適しています
  2. 画面の保護フィルムが貼られ、TPUソフトクリアケースが同梱されているので、安心して使用できました
  3. 画面が大きいので見やすく、有機ELのお陰で画面がクッキリしている
  4. ディスプレイ内臓の指紋認証は結構認証が早い
  5. 今までの液晶画面と比べると、このディスプレイは結構鮮明
  6. SIMロックは解除されて出荷されていると思ったが解除されておらず、通常の手順でSIMロックを解除する必要がありました
    2021年8月現在のY!mobileにおけるSIMロック解除の説明ページ へジャンプ