使用しているAV機器や家電製品をまとめました。
各商品の特徴や使用方法を整理しています。
レコーダーの内臓部品交換等の改造もメモしています。
VRやワイヤレスイヤホン、ドライブレコーダー・・等々。
   

VRゴーグル(3D VR BOX)

★3D VRゴーグル(3D VR BOX)スマートフォン用

目的は、ドローンでの空中散歩とYouTube 等の 3D VR動画を鑑賞したり、3Dゲームを楽しむためです。

これを使うと、ドローンを FPV操縦することも出来るようです。

通常の動画を 3D VR 用に変換するアプリもあります。

かなりの種類の商品があるため、選択に迷ってしまいました。

Amazonで商品検索「3D VRメガネ ゴーグル」すると色々出てきます。


この商品もAmazon から購入。商品名は「Concok 3D VRメガネ VRヘッドセット バーチャルリアリティ体験 超3D映像効果 4.0 ~6.0インチのスマホに対応 3D動画」

これを選んだ理由は、リモコンが付属していて送料無料で一番安かった。(2016年6月9日現在 2,001円)。

この商品は、concokが販売し、Amazon.co.jp が発送しますので、注文した翌日に届きました。現在はだいぶ安くなっています。

付属のリモコンの詳しい操作方法


試しにジェットコースターの動画を見てみましたが、臨場感にビックリしたのは当然ですが、副作用として酔ってしまいました。


しっかりした梱包の中に、
商品もしっかりした箱に
入っていました
英語の説明書と
スマホボタン干渉防止用の
スポンジ取り付け説明書
レンズ拭きクロス、
クリーナークロス、
クッションスポンジ、
表の白いプラスチックの部分には
商品名の印刷がありません。
上記の箱には「VR BOX」。
表の白いプラスチックを
スライドすると赤い矢印の所に
スマホのカメラが出ます。
商品名の印刷がありません
スマホのカメラが出ます


レンズの位置を前後左右に
調整できます
メガネをかけても
違和感無く使えます
ケースを右に引き出し、
iPhone6 Plus をセット
ケースを押し込みます
iPhone6 Plus と比較
3.5から6.0インチまで対応
iPhone6 Plusを取り付けても
左右にまだ2mmぐらい余裕。

左右にUSBケーブルや
イヤホンをさせます。
穴があいているので
簡単に外に引き出せます。
フォルダを引き出すための
ノブがあります。
ゴーグル固定用ベルトは
自分に合わせて調整できます。
マジックテープになっています。

★3D VRゴーグルに付属のリモコンの詳しい操作方法

ホームページで色々調べ、リモコンの操作の方法を見つけましたので整理しておきます。

付属のリモコン
Android と iPhone に
Bluetoothで接続します。
Android と
Bluetoothで接続
iPhone と
Bluetoothで接続


★リモコン の 操作方法


電源 長押しでON/OFF、短押しでボタン入力。


横持ち用設定
@+A 音楽/ビデオモード
電源=MediaPlayPause、@=無し、
上=MediaRewind、下=MediaForward、左=MediaPrevious、右=MedisNext、
A=MediaPlayPause、B=無し、C=VolumeDown、D=VolumeUp。

横持ち用設定
@+B ゲームモード Xboxゲームパッドのボタン配置と同じ
電源=Gamepad Start、@=Gamepad Select、
上下左右=アナログスティック+D-Pad、
A=Gamepad Y、B=Gamepad A、C=Gamepad X、D=Gamepad B。

縦持ち用設定
@+C VR/自分撮り/ビデオモード
電源=無し、@=VolumeUp、
上下左右=D-Pad、
A=Gamepad Y、B=Gamepad B、C=Enter、D=無し。

縦持ち用設定
@+D マウス/自分撮りモード・・・3D VRゴーグル 使用にお勧め
電源=無し、@=無し、
上下左右=カーソル移動(少し遅い)
A=TouchPoint、B=Back、C=VolumeUp、D=VolumeUp。