パソコンの有効活用で、ホームページの作成を始めました。
自作パソコンや周辺機器、スマホの買換えなども整理しました。
特殊なアプリや部品交換等の改造もメモしています。
電子機器として、ブルーレイやドライブレコーダー・・等々。
   

スマホ関連 の 部品 や アプリ

★スマホ用 の 自撮りレンズ 導入と効果(セルカレンズ)

スマホに取り付ける 自撮りレンズ(セルカレンズ)のレビューです。

旅行やドライブの時、景色をバックに女房とスマホで自撮りしても、景色が撮影される範囲が狭く少し残念な記念写真となります。

これに対応するため、ドローンを利用した自撮りをしていますが、狭い空間や建物の中や人がたくさんいる場所では使用できません。

自撮り棒は、テーマパークでは控えるようにアナウンスしているところもあるので使用しずらいようです。

色々検討し気になっていたのが、この自撮りレンズ(セルカレンズ)で、目立たず結構役に立ちます。

今回入手したのは 通販Amazonの lemogoで販売されている商品です。

商品名のタイトル部分は
lemogo 1台2役 スマホ用カメラ レンズ 0.45×広角レンズ 15×マクロ クリップ式 自撮りレンズ iphone/android多機種対応 収納ポーチ付き (ブラック)


実際に使用すると


同梱品です。
スマホへの取り付けクリップと保護キャップ
組み合わせたレンズと保護キャップ
レンズクロスと収納ポーチ
レンズ部分を離してみました。
左の上から、広角レンズ、マクロレンズ、クリップ
広角用とクリップ用の保護キャップ

 

広角レンズ、マクロレンズ、クリップ 被写体から約1.5~5cmの範囲で
撮影できるマクロ撮影をする時は、
マクロレンズのみクリップに
ねじ込み取り付けて使用します。
通常よりも広い範囲を撮影できる
広角撮影をする時は、
マクロレンズをクリップに取付け
さらに広角レンズを取り付けます。

 

各レンズに
印刷された部分です
 持ち運ぶ時は
保護キャップを使用します
保護キャップは中央部を
つまむと外れます。 
スマホに触れる部分は
傷防止シートが貼られています 

 

自撮りする時は画面側の
スマホのレンズの上に
広角(自撮り)レンズを取り付けます
広角(自撮り)レンズ無しで
撮影しました。
人形は、ほぼ人の顔の大きさです。
広角(自撮り)レンズを取り付けて
撮影しました。
後方の景色も広く撮影できます。
(約40%拡大するようです)

 

通常の撮影をする時は裏側の
スマホのレンズの上に取り付けます
広角レンズ無しで
撮影しました。 
(スマホで通常の撮影)
 広角レンズを取り付けて
撮影しました。
赤枠内に通常の画像を重ねてみました。
(約40%拡大するようです)
近くの公園と我が家の愛犬を
広角レンズを取り付け
撮影しました。
(約40%拡大するようです)

 

マクロ撮影(接写)をする時
マクロレンズを取り付けます。
(被写体から約1.5~5cmの距離)
ドローンの基盤を
マクロレンズ無しで
接写しました。
(スマホで通常撮影しました)
ドローンの基盤を
マクロレンズを取り付けて
接写しました。