パソコンの有効活用で、ホームページの作成を始めました。
自作パソコンや周辺機器、スマホの買換えなども整理しました。
特殊なアプリや部品交換等の改造もメモしています。
電子機器として、ブルーレイやドライブレコーダー・・等々。
   

SoftBank PhotoVision TV 202HW 改造方法

2018年08月17日現在の内容です。

女房がソフトバンクとおまけ的に契約していた PhotoVision TV 202HW ですが、継続せずに契約が完了したため、下記の左の画像のように テレビ や スライドショー の画面が、スマホと同じぐらいの小さな表示に変ってしまいました。

しかし制限を解除することによりフル画面表示に戻すことが出来ました。

左の画像が制限された画面、右の画像は制限を解除したフル画面表示

  

販売員の説明では「契約が完了してもテレビを見続けることが出来ます」とのことでしたが、画面が小さくなるとの説明は有りませんでした。

ソフトウェアで SIM チェックを行っており、契約された SIM カードが装着されていないと小さな画面を表示するようになっています。

ネットで調べると、改造するとフル画面表示が出来るようになるらしいので挑戦することにしました。色々なホームページの説明を集めて、私なりに引用し整理しています。

総合メニュー
  1. 改造に必要なファイルを入手
  2. 改造に必要な部品 (USB-シリアル変換基板)
  3. USB-シリアル変換基板のドライバの入手 と インストール・設定
  4. TV 202HW の事前準備と分解
  5. TV 202HWに配線を半田付け
  6. USB-シリアル変換基板と接続
  7. USB-シリアル変換基板を USBケーブルでパソコンと接続しシリアル通信ソフトの設定
  8. テレビ機能の SIMロックを解除(TV画面をフル表示にする)
  9. TV 202HWを ルート化 する手順
  10. フォトフレーム機能の SIMロックを解除 (フォトフレームの画面をフル表示にする)
  11. フル画面表示の確認と元の状態に組み立て

改造に必要なファイルを入手

必要なファイルを事前に入手しておきます。時間の経過でリンク切れが発生するかもしれませんが、その時はググってください。

改造に必要な部品

半田ごてを使わない方法もあるようですが、半田は得意なので確実な方法を選びました。

USB-シリアル変換基板のドライバの入手 と インストール・設定


自動的に追加されない時、又はビックリマークが付いている時は一旦削除します。
下記から CH340モジュール用のWindowsドライバーを入手しインストールします。
(メーカーの ダウンロードページから、CH341SER.EXE 又は CH341SER.ZIP を入手)

TV 202HW の 事前準備と分解

202HWに 配線を半田付け

202HWと USB-シリアル変換基板を 接続

202HWのACアダプタは外しておきます。

202HW側のTXを変換基板のRXDに、RXをTXDに、GNDはGNDに接続します。

 TX  → RXD
 RX  → TXD
 GND → GND

次の作業工程で通信が出来ないときは、接続を逆にしている可能性がありますので、TXとRXの接続を逆に変えてみます。接続を間違えても壊れることはないので心配はいりません。

使用する変換基板によっては、印刷が逆になっていることもあるようです。

逆に変えても通信が出来ないときは、半田付けがうまく出来ていないか、半田の場所が違っていないか確認します。

USB-シリアル変換基板 と パソコン を USBケーブルで接続し
  シリアル通信ソフトの設定

私はシリアル通信ソフト「Tera Term」を使用しました。

テレビ機能の SIMロックを解除

  1. photovision_tv_function_unlocker.apk をコピーしたSDカードを202HWに挿入します。
  2. 202HWの背面にある電源スイッチを押し電源を入れます。
    202HW背面のLEDは緑点灯に変わります。
  3. 202HWの画面には、SoftBankのロゴが表示され、続いてポップアップが表示され消えます。
  4. Tera Termのコンソールには文字列が表示され、しばらく待つと止まりますのでリターンキーを押します。
  5. Tera Termのコンソールで以下のコマンドを打ち込みます。(コピー&ペーストが確実です)
     pm install /mnt/sdcard2/photovision_tv_function_unlocker.apk
    コンソールの表示の最後に「Success」と出ていれば成功です。

テレビの機能制限解除だけでよければここで終了し、フル画面表示を確認して元の状態に組み立て手順を実行します。

202HWを ルート化する手順

スライドショーの全画面化が不要なら、ここのルート化の作業は必要ありません。


202HWは電源OFFの状態でACアダプタを接続しバッテリを充電しているときだけrootで立ち上がります。
しかし電源をいれると一般ユーザになってしまいます。

再確認・・バッテリー残量を50%ぐらいに減らしていること。

まずrootで処理する為に、202HWにACアダプタを接続し電源を入れずにTera Termで作業します

  1. ACアダプタを接続すると、202HW背面のLEDは赤くゆっくり点滅します。
  2. 画面がちょっと明るくなり、充電中を示す電池のマークが表示され、少しすると消えます。
  3. Tera Termのコンソール画面に文字列が大量に表示されます。
    電源ボタンは押さない事。
  4. Tera Termのコンソールの表示が止まったら、リターンキーを押します。
    「root@android:/ #」と表示され、rootであることがわかります。
     
  5. root化するために、キーボードから以下のコマンドを打ち込みます。
    cd /system/bin
    cat sh > su
    chmod 4755 su
  6. 以上でroot化は終了です。

フォトフレーム機能の SIMロックを解除

●まず202HWからSDカードに dpf-libs.jar をコピーします。

スライドショーの機能制限解除には、202HWのシステムファイルである dpf-libs.jar の内容変更が必要です。
内容変更はPCで行います。

  1. 202HWにSDカードがセットされていない時はセットします。
  2. 202HWの電源をONします。
  3. TeraTermのコンソールの表示が落ち着いたら、以下のコマンドを打ちます。
    su
    dd if=/system/framework/dpf-libs.jar of=/mnt/sdcard2/dpf-libs.jar
    exit
  4. これでSDカードに dpf-libs.jar がコピーされます。
  5. 202HW背面のスイッチを長押しして電源を切ります。
  6. SDカードを取り外しカードリーダなどでPCにコピーします。


●pf-libs.jar の 内容変更

  1. 確認 202hw_func_unlocker_script の「run.cmd」と同じフォルダに「go.cmd」をコピーしている
  2. SDカードに取り出した dpf-libs.jar を、go.cmdと同じフォルダにコピーします。
  3. go.cmdを右クリックして「管理者として実行」。
    「何かキーを押して…」と表示されたら、何かキーを押します。
  4. 正常に終了すると、dpf-libs.jar と同じフォルダに dpf-libs_mod.jar というファイルが出来ます 。
  5. dpf-libs_mod.jar を SDカードのルートディレクトリにコピー します。


●dpf-libs_mod.jar を 202HW本体のシステムに 上書きする

  1. SDカードを202HWのスロットに差し込みます 。
  2. 202HW背面のスイッチを長押しして電源を入れます。
  3. Tera Termのコンソールに「@android:/ $」と表示された状態で、以下のコマンドを入力します。
    su
    mount -o rw,remount /system
    dd if=/mnt/sdcard2/dpf-libs_mod.jar of=/system/framework/dpf-libs.jar
    chmod 644 /system/framework/dpf-libs.jar
    exit
     
  4. これでスライドショーの全画面表示作業完了です。
  5. 202HWの電源を切り、SDカードを抜きます。

フル画面表示の確認と元の状態に組み立て

  1. 仮組のままで、本体裏の電源ボタンを押し、電源をONで起動します。
  2. 起動してもまだフル画面表示にはなっていません。
  3. 起動したら「メニュー」ボタンを押します。
  4. メニューの一番下でさらに下ボタンを押すと「Photovision TV 202HW 機能制…」というメニュー項目が追加されています。「OK」を押します。
  5. 機能制限解除ツールはトグルになっていて、機能制限解除の有効/無効が切り替えられます。
  6. 機能制限を無効にする  をOKでセットされます
  7. 設定が終わるとフル画面で表示出来るようになります。
  8. 正常動作が確認できたら、半田付けした配線を取り除きます。
  9. 元通りに組み立てます。