2021年12月09日
「けいはんな記念公園」を散歩

最近運動不足でお腹が出てきて、ズボンが入らなくなった。

気になって30分程度の散歩を時々するようになったが、気分転換に車で20分ぐらい移動し、京都府相楽郡精華町にある「けいはんな記念公園」まで出かけた。

10年ぐらい前にもここで散歩をしたことがある。

車は、近くにホームセンターやショッピングセンター、ファミリーレストランのような施設が10数ヵ所あるので、買い物をしたり食事をしたついでに少し停めさせてもらった。

公園の専用駐車場は1日400円。

公園の入場料は無料ですが、現代の回遊式日本庭園「水景園」や「芽ぶきの森」は入場料が200円かかります。しかし、60歳以上の場合無料で入場できます。

「水景園」に入り、右側にある「観月橋」の上から全体を見渡すことが出来ます。

この「観月橋」は、全長123m、水面上約10m、幅4m。

橋を渡り始めると右側には、高さ6〜7m、重さ20〜40(最大70)tの巨石、約500個からなる延長150mの壮大な空間があります。

岡山県犬島産の御影石を使用しているようです。

左側の前方には「水景棚」という棚田状の水盤が見えます。

棚田状の水盤

橋を渡って下に降りると橋の全体が見えます。

日本庭園風の庭の先に、棚田状の水盤が見えます。

この後、永谷池のまわりの遊歩道を約1時間かけて1週しました。